札幌弁護士会が主催した憲法討論会に臨む(左から)自民党の石破茂、立憲民主党の山尾志桜里、共産党の仁比聡平の3氏=12日午後、札幌市中央区(田中一世撮影)

写真拡大

 自民党の石破茂元幹事長は12日、札幌市で憲法改正をめぐる討論会(札幌弁護士会主催)に出席し、憲法9条に自衛隊を明記する自民党改憲案について「違和感がある」と批判し、安倍晋三首相(党総裁)らに説明を求めた。

 同席した立憲民主党の山尾志桜里衆院議員と共産党の仁比聡平参院議員も改憲案を批判した。

 石破氏は「安倍さんは(自衛隊の権限などが)『何も変わらない』というが本当か。誰か答えてほしい。『私は総理なので(答弁できない)』というので代わりを指名していただいても結構だ」と述べた。

 その上で「(戦力不保持を定めた)2項を(自衛隊明記で)ひっくり返すのは日本国の憲法としてふさわしいか。かなり違和感がある」とも指摘した。

 山尾氏も、自民党改憲案を「『自衛隊と書けば誇りを与えられる』といっている時点で非常にばかにした話だ」と語り、首相の「正直」な説明を求めた。一方で「議論を封じることでは展望が開けない」とも述べ、国会の改憲議論にも前向きに取り組む考えを示した。

 仁比氏は「『何も変わらない』というのは嘘だ」と語った。