職場で気になる年下くんがいるあなた。

年下くん狙いの女性は、心のどこかで遠慮がちになってしまうものですが、ちょっとしたきっかけで、一気に恋愛対象になれることも。

今回は、職場で年上女性に惚れたという男性に、そのきっかけを調査してみました。あなたもぜひ、参考にしてみて!

しっかり叱ってくれるから成長できる

「職場では、みんな優しく、アットホームな雰囲気です。でも、いい加減なことや、みんなに迷惑がかかりかねないことをすると、叱ってくれる女の先輩がいて。

しかも、感情にまかせた怒り方じゃなくて、実に的確にピシッと言ってくれる感じ。それになぜかときめきました」(カフェ店員・25歳)

男性にとって女性は、守ってあげたい、リードしたい存在。

ですが、一人前の男になるため、しっかり支えてくれる女性も魅力的なようです。ゆるゆるとなまけられる関係はラクですが、ダメなところはダメと叱ってくれる相手の方が、「成長できる」と感じるのでしょう。

いつもはフレンドリーで優しくても、叱るところはビシっと。メリハリをつけてあげるといいかもしれません。

垣間みえる「女子」のギャップがかわいい

「凄くしっかりした先輩なんですけど、スマホケースがカワイイ系だったり、数人で遊びに行ったときの髪型がかわいかったり。

あと、暗いところが怖いらしくて(笑)。この人も女子なんだな〜と、そういうギャップにやられました」(ウェブデザイン事務所・28歳)

「女は度胸」なんていいますが、頼れる女性である反面、やっぱりカワイイものが好きなのは好印象。

オシャレには手を抜かない、心細くなるときがあるなど、女子を感じさせるギャップを見つけると、男性の「もっと知りたい」欲を刺激して、一気に気になる存在に。

良いギャップは、恋愛対象に入るきっかけになります。

建設的な会話ができる

「年下の女性もかわいいんですが、すぐ感情的になるのが苦手で……。

僕が片思いしている先輩は、共感も感情表現もするんですが、話の目的からズレません。いつも有意義な会話ができるのも、年上女性の魅力かも」(アミューズメント施設店員・30歳)

女性にとっての会話は「感情のキャッチボール」。男性にとっての会話は「情報のキャッチボール」なんて比喩があるそうです。

歳を重ねて、ひろい視野が持てるようになると、論点のブレない会話ができるようになるのかも。

年上女性だからこそ、若いコと差をつけるにはこういったことも心がけたいところですね。

磨かれた女子力と気品

「先輩の身だしなみは、いつも隅から隅まで余念がありません。美容によくない生活習慣も避けているとか。

よく見ると、若い後輩女子より肌がきれいで、思わず見とれてしまいます。

一度手料理も食べさせてもらいましたけど、いますぐにでも、お嫁さんになってほしい!ってレベルでした。まぁ、全然相手にされてないんですけどね……勝手に憧れてます」(イベント施設整備士・29歳)

若いころは何もしなくてもモテたという方も、年齢を重ねると、自信を持つためには努力が必要になってきます。

その努力は、男性を惹きつける美しさや、女子力のアップにつながることも。

一番魅力的な自分になろうとする意識が重要ですよ。

あなたは、しっかり努力していますか?

おわりに

やっぱり若いコのほうがモテる!と決めつけるのは、まだ早いかもしれません。

実際にコミュニケーションをとるうちに、年上のお姉さんの魅力に引きこまれる男性は多いもの。

積み重ねた努力と経験は、かならずあなたの魅力になっているはずですよ。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)