徴用工、ICJでも負けると弁護士 被害者個人の請求権は消滅してない?

ざっくり言うと

  • 日本の弁護士が「元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明」を発表
  • 過去の訴訟を事例に挙げ、被害者の個人請求権は消滅していないと強調した
  • 日本が国際司法裁判所に提訴しても、日本が敗れる可能性が大きいとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング