18日、韓国メディアは「バドミントン界で最も権威のある全英オープンで致命的なミスがあった」と報じた。資料写真。

写真拡大

2018年3月18日、韓国・ノーカットニュースは「バドミントン界で最も権威のある全英オープンで致命的なミスがあった」と報じた。

記事は「韓国バトミントン男子シングルスの看板選手であるソン・ワンホが世界で最も権威ある全英オープンで3位になったが、電光掲示板で選手を紹介する際に日本の国旗が使われる悲しいハプニングが起こった」と伝えている。

記事によると、ソン選手は17日、英国で行われた2018全英オープンバドミントン選手権大会男子シングルスの準決勝に挑んだ。しかしソン選手が入場する際、電光掲示板には韓国の国旗ではなく、日本の国旗が映し出されたという。

これについて、記事は「日本と韓国の特殊な関係を考えると、単純なミスで片付けられない状況だった」と指摘。ソン選手について「現在は世界ランキング3位、昨年は1位を記録したほどトップクラスの実力を備えている」と説明した上で、「国際舞台で有名な選手であるため、国籍を間違えることは理解しがたい。世界で最も権威ある大会でのミスということがさらに残念」と伝えている。

電光掲示板に背を向けていたソン選手は気付かなかったとみられ、また競技後には掲示板に謝罪文も掲載されたというが、記事は「それにしても深刻なミス」と主張している。なおソン選手は同試合で中国選手に敗れ、決勝進出を逃した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「基本がなっていない」「たとえ無名の選手でも許されない。本当に腹が立つ」「英国は紳士の国というが、自国のことしか頭になく他国のことには無関心」「自国に対するプライドの高さは英国が世界一。アジアやアフリカのことは国として扱ってくれない」「ソン選手も見たかもしれない。スポーツの試合で精神面はとても大事なのに!」など批判的な声が数多く上がっている。

また「彼はとても有名な選手。ミスではなくわざとでは?」「常識的に考えて単純なミスではない。故意にソン選手を侮辱したんだ」と指摘する声や、「スポーツを政治に利用してはならない。韓国の担当者がすぐに抗議して試合を中断させるべきだった」と主張する声も。

一方で「職員のミスだろうし、謝罪文まで掲載されたのになぜそこまで批判する?」と擁護する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)