なかなか思うように貯金ができず、お金を貯めるのって難しいと思っている人も多いと思います。しかし、お金が貯まらない理由はあなたの行動にあるかもしれません。今回は、お金が貯まらない人がついやってしまいがちな行動についてご紹介します。

週末はつい「自分へのご褒美」を奮発してしまう

頑張った自分にご褒美として、大好きなモノを買うこと自体は決して悪いことではありません。ご褒美があるからこそ仕事や家事を頑張れるというのもありますし、生活にもハリが出るので自分のモチベーション維持のためには大事なことです。
しかし、「ご褒美」の回数があまりに多かったり、「ご褒美」の金額があまりに高かったりすると、支出が増えて貯金するお金がなくなってしまい、お金が貯まらない原因になります。「ご褒美」が貯金できない原因かもと思ったら、お金を使わずにストレスを発散する方法を探したり、「ご褒美」の回数を減らす、もしくはランクを少し下げたりすることも検討してみてくださいね。

思いつきでモノを購入してしまう

いわゆる衝動買いが多い人、要注意です。貯金する金額を決めて、計画的にお金を使えば「貯金するだけの余裕がない!」という状況にはなりません。しかし、「貯金がニガテ」という人の多くは、貯金の目標金額を決めても計画的にお金を使えずに、「貯金にまわすお金がない」という状況になりがち。
衝動買いをすればその分どこかで節約しなくてはなりませんが、節約するのもラクなことではないので結局使いすぎた分をフォローしきれずに、計画倒れになってしまうのです。衝動買いはやめて、欲しいものがあれば計画を立てて購入するようにしましょう。

人に勧められるがままにモノを購入する

これもよくありがちなのですが、人に勧められるとついついその気になって買ってしまうという人。計画にないモノを購入することで計画倒れするのはもちろん、勧められて初めて良さに気が付くということは本来あなたの生活には必要ではなかったものである可能性が高いですよね。
潜在的なニーズはあったのかもしれませんが、本当に必要なものなのかそうでないのかの判断があいまいになってしまっていませんか。人に勧められると確かに魅力的に見えるものはあります。しかし、そういうものを丸ごと信じ込んで購入に踏み切ると大変なことに。本当に必要なものかどうか、一度冷静になって考えてみてくださいね。

コンビニATMでお金をおろす

コンビニATMは非常に便利ですが、ATM利用手数料が割高に設定されています。ただ、コンビニATMでお金をおろすこと自体が悪いことだというのではなく、コンビニATMを使わなくてはならない状況に置かれることがよくないのです。
毎週決まった日に使う分だけお金をおろしておいて、計画的にお金を使っていれば急にコンビニATMでお金をおろす必要なんてなくなりますよね。お金に対する意識が低いか、注意力に欠けているためにコンビニATMでお金をおろさなければならなくなってしまうのです。
急にお金が必要になってしまった、という状況にならなくて済むように、スケジュールと合わせて出費の予定を管理するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。疲れた日や頑張った日にはついご褒美おやつを買ってしまったり、人に勧められていいなと思って購入したりすることは誰にでもありますよね。しかし、そこに計画性がないことが問題なのです。お金を貯めるため、今の生活をちょっと見直してみませんか。