伊集院静氏がSaoriの才能を評価「完成度が足りないが非常に才能がある」

ざっくり言うと

  • 直木賞の選考委員・伊集院静氏がSEKAI NO OWARIのSaoriについて講評した
  • 「最初に書かれた作品としては非常に才能がある」「感性もある」と伊集院氏
  • 「作家だったら『世界が終わる』いうことはありません」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング