村田諒太

写真拡大

22日放送の「マイナビスペシャル村田諒太VSエンダム2」(フジテレビ系)で、勝利を収めた村田諒太が試合後に電通とフジテレビに感謝の言葉を述べた。

5月20日、ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦で村田はアッサン・エンダムに判定で敗れていたが、WBAのヒルベルト・メンドサJr会長は採点に疑問を呈し、再戦を指示。この日の対戦では7回を終了した時点でエンダムが試合を放棄し、村田がテクニカルノックアウト勝ちとなった。

試合後の勝利インタビューで村田は、詰めかけた観客に向かって感謝の意を述べたあと、まず帝拳ジムの本田明彦会長、チーム帝拳の名前を挙げた。

続けて、村田は微笑みながら「みんなあんまり好きじゃないかもしれないけど、電通のみんな」「また、あんまり好きじゃないかもしれないけど、フジテレビのみなさん」と言葉を続け、「ホント、みなさんのおかげです。ありがとうございます」と語り、会場の笑いを誘っていた。

【関連記事】
不可解判定に泣いた村田諒太 救われた子どもたちの存在
武田真一アナが村田諒太への取材で本音「そんな気分ではなくなりました」
「保毛尾田保毛男」騒動で江原啓之氏がフジテレビをバッサリ「過去の栄華にしがみついている」