27日、台湾の女優ジョー・チェンが、「アラフォーでアイドルドラマ」とネット上で取り沙汰されていることについて、「女性の年齢に厳しすぎる」と不満を語っている。写真はドラマ「人間至味是清歓」。

写真拡大

2017年8月27日、台湾の女優ジョー・チェン(陳喬恩)が、「アラフォーでアイドルドラマ」とネット上で取り沙汰されていることについて、「女性の年齢に厳しすぎる」と不満を語っている。中国メディアが伝えた。

【その他の写真】

ジョー・チェンと、映画「レッドクリフ」などで知られる中国の俳優トン・ダーウェイ([イ冬]大為)が主演のドラマ「人間至味是清歓」は現在放送中で、演技派2人の好演が話題になっている。現在38歳のジョー・チェンがドラマでは29歳のOLを演じているが、ネット上では「アラフォーになってもまだアイドルドラマに出演」と批判めいた声が聞かれる。なおジョー・チェンに対しては、昨年の主演ドラマ「放棄我、抓緊我」の時も同様の声が上がっていた。

このほどニュースサイト・新浪(SINA)のインタビューに答えたジョー・チェンが、こういった世間の声に対し、「今の社会では同性愛者も受け入れられているのに、どうして人の年齢ばかり攻撃するの?」と不満を訴え。「ある程度の年齢になった女性に対して、本当に厳しすぎる」と語っている。

「人間至味是清歓」でジョー・チェンが演じるのは、トン・ダーウェイだけでなく、韓流男性グループUNIQの中国人メンバーで、実年齢では18歳年下のイボ(王一博/ワン・イーボー)にも愛されるという役どころ。それだけに世の女性からは「うらやましい」と羨望(せんぼう)の声も多い。(翻訳・編集/Mathilda)