オーストラリア代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 8月31日に埼玉スタジアム2002で2018年ロシアW杯アジア最終予選が行われる。日本代表はオーストラリア代表(愛称:サッカールーズ)に勝利すればW杯出場の切符を手にするが、対するオーストラリアも“打倒日本”に燃えているようだ。24日にオーストラリア紙『ヘラルド・サン』が報じている。

 残すところ、2018年ロシアW杯アジア最終予選はオーストラリア戦とサウジアラビア戦の2試合。いずれかの試合で日本が勝利をおさめればW杯出場が決定する。現在、日本は勝ち点17でグループ首位。オーストラリアは勝ち点16でサウジアラビアと並ぶが、得失点差の関係で3位となっている。

 同紙はタイトルに「サッカールーズ、W杯予選で強力なライバル日本に勝たなければならない」とつけ、「過去から現在まで、サッカールーズにとって日本は我が国最大のライバルだ」とコメント。1956年のオリンピックで初めて対戦し、現在までに24試合戦っていること。2006年W杯で対戦したこと、2009年6月に勝利して以降、日本に勝っていないこと。そして、オーストラリアが日本の地で一度も勝利したことなどに言及している。

text by 編集部