お風呂でスキンケアすると効果的!という人もいますが、実はお風呂でしてはいけないスキンケアもあるということをご存知ですか。覚えておくと、より正しいスキンケアができるようになりますので、チェックしてみてください。

シャワーに気をつけよう

お風呂で洗顔する人は多いと思いますが、どのように洗顔していますか。メイク落しから洗顔まで、シャワーで流してしまっている人はいないでしょうか。シャワーのお湯で洗顔すると、肌の老化が進行してしまうかも・・・。

と言うのも、シャワーの水圧は想像以上に強く、肌にダメージを与えてしまうからです。シャワーで熱いお湯を浴びれば、当然ダメージは大きくなります。

熱いお湯を使ってはいけない

「洗顔は水あるいはぬるま湯で」と言われるのは、理由があります。人肌以上の温度を顔に浴びせると、肌の乾燥を引き起こします。

お風呂から上がったらすぐに保湿するから大丈夫、と言うことではなく、乾燥は進んでいきますので、お風呂で熱いシャワーを使った洗顔は止めましょう。

洗う順番が間違っている

お風呂で体を洗うとき、どこから洗っていますか。美容業界では、頭、顔、体の順に洗うのが正解とされています。

頭を先に洗うと、シャンプーが髪の生え際や顔などに残る可能性があります。洗顔を行えば残ったシャンプーは落ちますが、洗顔を先にしてしまうとシャンプーが残ってニキビや肌荒れの原因となってしまいます。お風呂に入ったときは、頭、顔、体の順番で洗うようにしましょう。

Photo by fotolia