生瀬勝久

写真拡大

7日深夜放送の「生瀬&小籔のミュート!」(朝日放送)で、俳優・生瀬勝久が、バラエティ番組に非協力的な役者に苦言を呈した。

番組では、役者と芸人というタイプの異なる表現者に注目し、その違いを生瀬と小籔千豊が語り合っていた。小籔が「最近は垣根がなくなってきている気がする」と意見すると、生瀬は「僕らがドラマをやっているところに芸人さんも出られて。でも侵食されている感じは全くない」と答えていた。

むしろ生瀬は、番宣などで俳優がバラエティ番組に出演した際、すまし顔で非協力的な態度を取ることの方が「ちょっと違うんじゃないかな」と思うのだそう。

一方で小籔は、この点は気にならないのだとか。その理由は、小籔がドラマなどの撮影現場で役者の表現力に圧倒されるからだそうで、「芸人が演技うまいったって、2種類くらいしか演じられない」「そんな何種類も演じてる芸人見たことあります?」と疑問を投げかける。

これに生瀬は「でも役者さんでも、ひとつふたつしか芝居できへん人もいっぱいいますよ」と明かし、笑いを誘っていた。

【関連記事】
小籔千豊が高級財布を初めて買った結果…妻から長文メールで説教
小籔千豊が幼児教育「リトミック」に疑問「金をドブに捨ててるだけ」
西野亮廣が自身の芸人論に言及「芸人は『肩書き・職業』ではなく、『生き方・姿勢』」