連休まっただ中の東京・西麻布のある夜。創業25年の高級老舗ワインバーで米倉涼子(41才)と、後からやってきたV6岡田准一(36才)と二宮和也(33才)がバッタリ。その様子を10日発売の『女性セブン』が報じた。

 アクティブな岡田に出不精の二宮。性格は真反対の2人だが、プライベートではまるで兄弟のように大の仲良しだという。

 2015年末に行われた『ジャニーズカウントダウンコンサート』で、「初夢ツーショット」という視聴者アンケート企画が行われた。異なるグループに所属するメンバーがコンビになって歌うという、普段は見ることのできない取り合わせに会場のファンは大興奮。その時に実現はしなかったものの、岡田と二宮のタッグを望む声は根強い。それは、2人の絆が20年以上にわたり固く結ばれてきたから。

 岡田は1995年11月、14才のときにデビュー。オーディションに合格して事務所に所属してから、わずか4か月後のスピードデビューだった。

「右も左もわからず大阪から東京に出てきて、歌もダンスも演技も本格的に経験したことがないのに、何万人ものファンの前に放り出された。目まぐるしい現実に戸惑ったこともあったそうです。

 岡田はV6の中では最年少で、リーダーの坂本昌行(45才)は9才年上。同年代の三宅健(37才)、森田剛(38才)はジャニーズJr.としての場数を踏んでいた。しかも他の5人は関東出身なのに、岡田だけ大阪出身。孤独感は相当なものだったそうです」(音楽関係者)

 5月6日『サワコの朝』(TBS系)にゲスト出演した岡田は、当時をこう振り返った。

「ずっと怒られ続けていたし、“ひとりだけレベルが足りない”と言われていた」

 その頃、V6のバックで踊っていたJr.のメンバーの中に二宮の姿があった。

「岡田にとっては、年齢が近くキャリアもそれほど変わらない彼らと一緒にいる時間はリラックスできた。その中でも特に二宮には悩みを打ち明けたりしていたそうです。休みに大阪の実家に帰るときに、二宮を連れて行ったこともあったそうですよ」(前出・音楽関係者)

 3才年上の岡田もまた、二宮の相談相手だった。

「5人の(メンバーの)うち、辞めたいやつが3人もいるなかで、嵐を応援してくれるファンはいるのかな?」

 1999年のデビュー当時を振り返って、二宮はそんな複雑な気持ちを抱えていたことをたびたび明かしている。2人の知人は語る。

「慶應義塾大学への進学が決まっていた櫻井翔さん(35才)は“アイドルは入学まで”と決めていたし、大野智さん(36才)も辞めると宣言していた。二宮さんもデビュー前に“いずれは事務所を辞める”と伝えていました。デビューしてからも、中途半端な気持ちで表舞台に立つことにかなり悩んでいたそうです。

 その時に打ち明ける相手が岡田さんだった。岡田さんは二宮さんに対してあれやこれやアドバイスをするわけではなく、ただじっくり耳を傾けて話を聞いた。でも、それだけで二宮さんは気持ちの整理がついた。そうして、いつしか固い絆で結ばれていったんです」

 年始恒例の初詣では、いつも席は隣。カウントダウンコンサートでも、岡田が二宮にヘッドロックをかけてじゃれ合ったり、ずっとそばにいる。岡田が「ニノは天才肌」と言えば、二宮は「岡田氏は真面目でストイック」と、正反対の性格であることはお互い認識しているのに、「自分たちはジャニーズでいちばん地味なカテゴリーにいる」と仲間意識を隠さない。

※女性セブン2017年5月25日号