SamsungのフラッグシップモデルGALAXY S8で、一部ユーザーの間から「ワイヤレス充電が機能しない」という声が上がっています。S8は先日、ディスプレイが赤みがかかるという仕様に対して、公式にアップデートが約束されたばかりです。

以前発売された公式パッドが使えない?

相次いで指摘されている不具合は、Samsungの公式アクセサリーであるワイヤレス充電チャージャー「Fast Charge Wireless Charging Pad」を使っても、Galaxy S8が充電されないとうものです。
 
ユーザーの1人が公開した動画では、パッド(EP-AG930)上にS8を問題なく載せても、複数のパッドで「イレギュラーな充電が検知されました」というエラーが表示され、充電が繰り返しオンオフになるという不具合が確認できます。報告のうちには、非公式のパッドを使うと急速充電ではないものの充電できたという声も上がっています。
 

 
Galaxy S8/S8 Plusにみられる同問題を解決するには、S8/S8 Plus用の急速充電パッド(EP-PN920)を用いる必要があります。不具合が指摘されているパッドは、もっぱらGalaxy S7やそれ以前の端末向けに生産されたものです。
 
このことから、ニュースサイトPhoneArenaは原因として、Galaxy Note 7で起きたバッテリーの爆発による大規模リコール事件を受け、SamsungがGalaxy S8/S8 Plusに対応するパッドをコントロールしていることによるものではないか、とみています。

Note 7の「再来」は避けたいSamsung

Galaxy S8/S8 Plusは売れ行きこそ好調ですが、一部の端末で、カラーバランスも調整してもディスプレイが赤みがかったままだ、という報告が出ています。Samsungはこの問題に対して、不具合とは認めていないものの、ソフトウェアアップデートによる改善を明らかにしています。
 
Note 7で起きた大惨事で、Samsungがことさら不具合に過敏になってしまうのは避けられませんが、それにしても以前リリースされたパッドにS8が未対応なのであれば、事前に明らかにすべきではないか、という不満がユーザーの間に広がるのは自然と言えるでしょう。
 
 
Source:PhoneArena
(kihachi)