今秋の「iPhone8」では、指紋センサーが廃止されるのではないか、との予測が発表されました。

「iPhone8」では指紋センサー搭載をあきらめる?

Appleが「iPhone8」に採用を計画している、有機EL(OLED)ディスプレイに埋め込む指紋センサーの搭載をあきらめる可能性がある、とPacific Crest証券のアナリスト、アンディ・ハーグレイブズ氏が予測しています。

 
Appleは引き続き、指紋センサーの技術的問題解決に取り組むものの、向こう1カ月程度で量産化に向けた問題が解決しない場合、指紋認証をあきらめるだろう、というのが同氏の見立てです。また、現時点で、指紋センサーのサプライヤーは量産に向けた発注は受けていない模様だ、とのことです。

「iPhone8」の顔認証は暗い場所や斜めからでも正確に動作か

ハーグレイブズ氏は、その場合、ロック解除やApple Payに用いられている指紋認証のかわりに、ユーザー認証は本体前面の3Dセンサーによる高精度な顔認証に一本化される、と予測しています。
 
サプライヤーから得た情報として、顔認証は低照度下や正面以外の角度でも正確に動作し、指紋認証の有力な代替策になりうる、とハーグレイブズ氏は述べています。

Appleは複数のデザインを検討中?

先日、Cowen and Companyのアナリスト、ティモシー・アーキュリー氏が、ディスプレイ埋め込み型指紋センサーの歩留まりが低いために「iPhone8」の発売が遅れるだろう、との予測を発表しています。
 
アーキュリー氏は、Appleが取りうる選択肢として、「指紋認証を廃止し顔認証に一本化」や「指紋センサーを本体背面に移動させる」可能性も挙げていましたが、いずれも現実的ではない、としてiPhoneの製造・発売を遅らせるだろうと予測していました。
 
先日、Foxconnの工場から流出した「iPhone8」の設計図とされる図面では指紋センサーが本体背面に移動しており、Appleが複数のデザインを検討している可能性を示唆しています。

 
 
Source:MacRumors
Photo:ComputerBild
(hato)