インスタント袋麺、食べて選んだベスト3。ラーメン店を超えたNo.1は!?

写真拡大

 ラーメン店をゆるがすおいしさ。

 2011年の「マルちゃん正麺(東洋水産)」登場以来、爆発的に売れるようになった「インスタント袋麺」。その後、各社が社運をかけるかのごとく珠玉の新商品を開発、「ラ王(日清)」、「頂(サンヨー)」といった大ヒット商品が次々と生まれています。

 この袋麺新時代を喜びつつ、色々食べ進めてみると、目からウロコの大大大連続! ラーメン屋をゆるがすような極上品がこんなにもあったとは…!

 そこで今回は、食べて感動しまくった「おいしすぎるインスタント袋麺」をご紹介。(1)麺部門、(2)スープ部門、(3)総合部門のナンバーワンを決めてみました。

◆【麺部門1位】くりぃみぃ担担麺(カルディ)

 あのカルディからオリジナル商品として発売されている「くりぃみぃ担担麺」。 麺は、北海道物産として有名な「寒干し麺」を生み出した「菊水」が製造しています。寒干し麺とは、じっくり熟成させた生麺を非加熱で乾燥させたもの。小麦の旨さを堪能できる、ノンフライ麺の最高峰とも言われています。封を開けるとこんな感じ。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669892

 スープは加熱すると分離してしまうので要注意(一度失敗したので教訓)。パッケージ通りに作ることが重要です。トッピングは、コンビニ唐揚げをスライスし、青ネギを添えました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669893

 麺をかみしめると、なんとも言えぬ奥深〜い旨味が口の中でじんわりじんわり広がり、小麦の甘味も実感できるほど凝縮感を堪能できます。あー、しみじみ幸せ! 担々スープの力強さに負けない、麺・スープ共に華やぎのあるおいしさです。

◆【スープ部門1位】新鶏白湯SOBA(日清食品)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669894

 パッケージには、「ラーメン店への挑戦」と気になる文言。ラーメン店と同じように、素材をかき混ぜてじっくり煮込んでスープを作る「釜炊きエマルジョン製法」が売りのプレミアム袋麺です。

 大変レアな商品のようで、スーパーを何軒もハシゴしてようやく発見。鶏の濃厚な旨味となめらかな舌触りのスープがインスタントで作れてしまうなんて、夢のようです。

 箱を開けると、麺とスープが1人前×2の個別包装に。

 スープをあらかじめ袋ごと温めてから加えると、一層おいしいと書かれていたので遵守。コンビニのサラダチキン(ほぐし)と煮玉子、青ネギを乗せて仕上げました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669896

 確かにスープがとろっとろ! 今までに食べたことのない濃厚さで、例えるなら、「鶏のポタージュスープ」。麺はしっとりなめらかなノンフライ麺で、スープを最高にもり立てるようなつつましい優等生タイプ。決してこってりしていないのに、まろやかクリーミー。うー、これは女子心もしっかりつかんでくれちゃいます。

◆【総合部門1位】中華三昧(明星食品)

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669897

 発売されて36年目を迎えるロングセラー商品「中華三昧」。高級袋麺ブームの火付け役であり、年月を経てますます洗練されつつあります。高級中華で食べる「つゆそば」の味わいを再現しているそうで、しょうゆ、味噌、塩ともに「醤(ジャン。XO醤、豆板醤、甜麺醤、蝦醤)」を使った特選スープと、コシとつるみが特徴のノンフライ麺が特徴です。

 調理前の乾麺の状態で、既においしそうな透明感。上品な幅の平打ち麺も独特です。スープは粉末と液体の2種に分かれています。

 究極のおいしさを最大限に味わうべく、トッピングは王道を。市販のチャーシュー切り落とし、白髪ネギ、カイワレをさらりと乗せました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=669899

「これぞ完璧!」と叫んでしまう華麗なるおいしさです。他にはないスープの奥深さ、研鑽してたどり着いたような本格麺。どこをとっても欠点を見つけることができません。

 基本の3種以外に担々麺や酸辣湯麺も必食に値するおいしさ(夏限定の涼麺も楽しみ!)で、これぞ広く長く愛せる袋麺シリーズと言えるでしょう。「王道に近道なし」を実証してくれるロングセラー銘品です。

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
食文化研究家。長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを幅広く学ぶ。在院中に方針転換、研究の世界から飛び出し、独自で長寿食・健康食の研究を始める。食に関する企業へのコンサルティングの他、TV、ラジオ、雑誌、ウェブなどで活躍中。人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている