shutterstock_533396095

写真拡大 (全8枚)

どんなに親しい仲であってもなかなか聞くことができない「貯蓄額」。みんなはどれくらい貯めているのでしょうね。

今回は「就職」「結婚」など、人生の転換期にある20代の財力について調査。みんなの貯蓄額、お小遣い、将来の不安など、リアルな現実をまとめてみました。この結果にあなたは安心する? それとも焦っちゃう!?

(c)shutterstock

SMBCコンシューマーファイナンスが20〜29歳の男女1,000名に行ったアンケートによると、毎月自由に使えるお金は平均で30,422円。未婚者は32,997円、既婚者は19,376円で、男女別に見ると、未婚女性が最も多く33,692円、既婚女性が最も少なく17,368円でした。

この金額について「満足している」という人は少なく、7割以上の人が「満足していない」と答えていることが判明。

そこで理想の額を聞いてみると……満足できる金額の平均額は全体で72,651円、未婚者では79,758円、既婚者では42,153円。ちなみに20代未婚男性の理想が最も高く、平均9.8万円でした。

こうしてみると、自由に使えるお金の理想と現実にはかなり差があり、特に未婚者や男性のギャップが大きいようです。
ではいったいみなさん、どれくらいの貯金があるのでしょうか。

20代は学生、社会人、結婚、出産など、さまざまなライフステージの変化があります。そのため年齢や職業によってもその差は大きいようですが、とりあえず平均額を見ていきましょう。

■20代の年代別・職業別の平均貯蓄額

全体の平均額は86万円。これを年代別に見ると、20代前半では52万円、20代後半では120万円と倍以上に増えることがわかりました。

また職業別にも大きな差があり、会社員は143万円と最も多く、パート・アルバイトだと63万円、学生は33万円という結果になりました。

では最後に、老後の蓄えについて調査。リタイアする年齢までにいくらの貯蓄があれば安心かを尋ねてみました。

■仕事をリタイアする年齢までにいくらあれば安心できますか?

「1〜500万円以下で安心」(16.1%)
「500万円超〜1,000万円以下で安心」(30.6%)
「1,000万円超〜2,000万円以下で安心」(13.0%)
「2,000万円超〜3,000万円以下で安心」(11.1%)
「3,000万円超〜5,000万円以下で安心」(10.9%)
「5,000万円超〜1億円以下で安心」(12.8%)
「1億円超で安心」(4.6%)

最も多かったのは、「500万円超〜1,000万円以下で安心」で約3割。累計してみると「1,000万あれば安心する」という人は47.6%、「2,000万円あれば安心する」人は60.6%、「5,000万円あれば安心する」人は82.6%でした。

「1億円超で安心」という人もいたことから、全体の平均額は4,380万円。将来への不安から、すでに「仕事をリタイアする年齢までに多く貯蓄をしなければならない」と考えている20代も少なくないようですよ。(いしかわちえ)

*情報提供:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社