日本人にもローカルにも根強い人気を常にキープし続けているローミー。第1弾に引き続き、筆者オススメの行列ができる人気ストールをご紹介。

 

4. 中峇魯鹵麺(Tiong Bahru Loh Mee)


著者撮影

第1弾でご紹介した、行列ができる有名店、新美香卤面 (http://tripping.jp/asean/singapore/47379) と同じOld Airport Road Food Centre内にあるもう1つのローミー有名店。中峇魯鹵麺(Tiong Bahru Loh Mee)。名前柄、チョンバルにあるかと勘違いしてしまいそうなのでご注意を。

金額は下記の通り。

IMG_3589著者撮影

チリ、ガーリック、香草など。

IMG_3591著者撮影

やはりポイントは、ハサミで大きめにカットされた白身魚。チョキチョキと目の前で切ってたっぷり乗せてくれます。

IMG_3594著者撮影

なかなか食べごたえある大きさ。

IMG_3551著者撮影

麺は基本平麺ですが、ビーフンも選べます。ゆで卵、もやし、チリ、もやし、第1弾でお伝えしたノーヒャン(ngoh hiang)が入っています。

IMG_3553著者撮影

場所は、CIRCLE LINEのDAKOTA駅から徒歩10分。

IMG_4592著者撮影

----------
中峇魯鹵麺(Tiong Bahru Loh Mee)
・住所:51 Old Airport Road, #1-124 Food Center & Shopping Mall
・定休日:金曜日

 

5. 卤面178(Lor mee 178)


IMG_4600著者撮影

チョンバル・マーケットの2階に位置するホッカーセンターにあります。有名なウェットマーケットの2階ホーカー内にあるため、観光客や在星日本人も多く訪れます。日本人会の方が日本語で書いたお店のマンガが店頭に貼ってあるため、ローミーを愛してやまない日本人ファンも多く訪れます。

IMG_4690著者撮影

こちらのストールの特徴はサメのフライ。スープは比較的さらっとしています。黒酢、チリ、ガーリックはお好きなだけ。

tiong baruh著者撮影

場所は、EAST WEST LINEの TIONG BAHRU駅から徒歩10分。

IMG_4705著者撮影

----------
卤面178(Lor mee 178)
・住所:30 Seng Poh Road, Tiong Bahru Market & Food Center #2-23

 

6.  槟城小厨 (Penang kitchen)


IMG_4257著者撮影

チェーン店のようで、いろいろなホーカーにあります。第1弾の2番目でご紹介した源春驰名卤面 (http://tripping.jp/asean/singapore/47379) があるAmoy Street Food Centerの1階や、3番目でご紹介したBedok Interchange Food Centre の美香虾面·卤面 (http://tripping.jp/asean/singapore/47379) の3つ隣にあります。比較的遅くまで開いているのが嬉しいですね。

IMG_4255著者撮影

麺はイエローの平麺、具は豚バラ肉、ゆで卵、魚のフライ、ノーヒャン、湯葉揚げなどが入り、ガーリック、チリ、黒酢はお好みで。

IMG_4256著者撮影

場所は、EAST WEST LINEのBEDOK駅からすぐ。

IMG_1990著者撮影

----------
槟城小厨 (Penang kitchen)
・住所:
-208B New Upper Changi Road, Bedok Interchange Food Centre #01-07
-Maxwell Road ,#01-32 Amoy Street Food Center   など

 
2回に分けてご紹介してきたローカル人気フード、ローミー特集、いかがでしたか?
一度食べたらハマる方が多いと思います。まだまだ奥が深いシンガポール。食だけでなく、これからもいろいろな形でご紹介していきますね!

 
こちらも合わせてCheck!
第一弾:一度食べたら病み付き!シンガポールの人気ローカル食「ローミー」とは? (http://tripping.jp/asean/singapore/47379)