13日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、梅沢富美男がスタジオからブーイングを浴びる一幕があった。

番組では、ゲスト出演の梅沢が今の妻・明子さんとの馴れ初めを語った。そもそものきっかけは明子さんの両親が梅沢のファンであったことだそうだ。

あるとき、ハワイで移民たちに向けたイベント「移民百年祭」が開催され、出演者の梅沢を見るべく、この両親は明子さんを連れて渡米したという。そこでふたりは出会ったそうだ。

番組が当時の写真を公開すると、梅沢と明子さんは初対面にも関わらず近い距離感で写っており、写真を見たあさこは「ファンとタレント(の距離)じゃない」とツッコミを入れた。

すると梅沢はニヤケ顔で「私も離婚したあとだったし」と前置き「すごく可愛かったから、この写真を撮る前日か前々日に『手をつけた』のよ」とコメントした。

この言い回しに出演者たちが呆れるも、梅沢は「彼女は21歳か22歳だと思った」と続け、「でも手をつけたとき、コイツ30歳だったんだよ!」「サギだと思わない!?」と声を荒げたのだ。

さらに、梅沢は年齢を知った瞬間に「これ、なかったことにしてくれねぇか?」と明子さんに迫ったという。

この冷淡な対応にスタジオからは非難が飛ぶ。しかし、梅沢は批判の声に屈することなく「だまされたオレの身にもなれよ!」と一喝した。

ちなみに、明子さんからは自身が「21〜22歳」との明言しておらず、梅沢の思い込みだったようだ。結局、梅沢は明子さんの年齢も考慮して、結婚することに決めたという。

【関連記事】
梅沢富美男が妻の一言に恐怖を覚えた体験を激白「青山にゴルフ場あった?」
梅沢富美男が「ワハハ本舗」に辛辣な発言「ブサイクばっかり」「顔が汚い」
梅沢富美男 浮気が台風中継でバレた過去を明かす