マック全店「ポケモンGO」対応、ゲームの“ジム”や“ポケストップ”に。

写真拡大

マクドナルドは7月22日、スマホ向けゲームアプリ「ポケモンGO」とのコラボを正式発表した。単独ローンチパートナーとして、国内のマクドナルド全店舗(約2,900店舗)が、同ゲーム内の特別な場所である「ジム」や「ポケストップ」として登場する。

ポケモンGO」は、位置情報を活用したモバイル向けのゲームアプリで、現実世界そのものを舞台として、プレイヤーが実際に家の外に出てポケモンを捕まえたり、バトルしたりするといった体験ができるゲーム。

プレイヤーの位置情報とゲーム内の位置情報が連動し、プレイヤーが現実世界を移動すると、ゲーム内でも同様に移動する点が特徴だ。プレイヤーが現実世界を歩くことでゲームが進んでいくため「リアルワールドゲーム」と呼ばれている。

今回のコラボは、「ポケモンGO」の中で、国内のマクドナルド全店舗がさまざまなアクションができる場所としてゲーム上のマップに登場。約400店舗は他プレイヤーのポケモンと戦う「ジムバトル」などが行われる「ジム」となる。残る約2,500店舗が対象の「ポケストップ」では、プレイヤーはモンスターボールなどのゲームを進める上で必要となるさまざまな道具を手に入れることができる。

「ポケモンGO」の開発元であるNiantic,Inc.のジョン・ハンケCEOは「想像以上の反響をいただき、サーバーの容量の制約からお待たせしてしまいましたが、本日、日本の皆様にお届けすることができ大変嬉しく思っています。外に出たら、安全に気をつけて、まわりを見渡し、世界そのものを楽しんでください」とコメントを寄せている。