20日、韓国の女子学生を対象に実施された化粧に関する調査で、88%が「メークをしたことがある」と回答した。資料写真。

写真拡大

2016年6月20日、環球網によると、韓国の女子学生を対象に実施された化粧に関する調査で、88%が「メークをしたことがある」と回答した。

同調査は大手学生服ブランドが5月に行ったもので、対象は中高生158人。79.1%が「学校にはメークをして登校する」と答え、初めてのメークを「中学1年生の時」と回答した人は34.5%、「小学高学年の時」との回答は20%に上った。また、どうやってメークの仕方を覚えたのかとの問いに対しては、64.5%が「インターネットと動画投稿サイトのYou Tube」を挙げた。

韓国の親や教師は「中学生の頃は自然のままが最も美しい」などと子どもに説明するが、学生にとって外見の美しさは一種の「階級」だという。ある15歳の中学生は今回の調査を受けた際、「成績はお金より大切だけど、外見は成績よりも重要。成績が悪くて仲間外れにされることは少ないけど、太っていたり顔に吹き出物の跡なんかがあるとクラスメートから100%避けられる」と話した。(翻訳・編集/野谷)