25日放送の「あさチャン!」(TBS系)で、事件についての詳報をしない異例の事態が起きた。

番組では、24日夜に愛媛県松山市で発生した包丁を持った男が女性を人質に立てこもっている事件を取り上げた。7時2分からの放送では、いまもなお犯人が立てこもっているアパートの近くに住む住民2人とスタジオで電話を繋ぎ話を聞いた。その内容は、近隣の施設、どこに警官が何人程度配置されていたか、警官の装備は何かなど、詳細なものだった。

7時26分、再びこの事件が取り上げられる。現場からの中継が繋がると、住田洋レポーターは中継場所を説明した後に「容疑者が放送を見ている可能性もありますので、詳しい様子は差し控えます」と語った。

その後も住田レポーターは事件の概要と状況を説明したが、「肉眼では捜査員の様子は見えるんですが、ただ、生放送ですので容疑者が見ている可能性もありますので詳しい様子は差し控えます」と詳報しない。また、犯行場所については「あえてズームアップはしないようにしていますのでご了解ください」と、7時2分からの放送に比べて大きく自粛している様子が明らかになった。

【関連記事】
夏目三久アナ まぶたを腫らしたことで噴出した整形疑惑を完全否定
松本人志 少女誘拐監禁犯に率直な怒り「道で会うたら、どついたろかなって」
テリー伊藤の監禁事件への意見を専門家が一蹴「監禁されてない方はそう言う」