初対面の妊婦の腹部を包丁で切って胎児を取り出した女 禁錮100年

ざっくり言うと

  • 15年にアメリカで妊婦の腹部が包丁で切られ、胎児が取り出される事件が発生
  • 4月29日、被告の女に禁錮100年の実刑判決が言い渡された
  • 被告は犯行について深く反省する様子を見せず、法廷での陳述も拒否した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング