羽生結弦がミス連発し逆転負け…「悔しい」と本音漏らす

ざっくり言うと

  • 1日のフィギュアスケート世界選手権で、羽生結弦は2年連続の2位となった
  • 日本男子初となる2度目の世界一を逃し、「悔しい」と本音を漏らした
  • SPでは自身の世界最高得点に迫るも、フリーでミスが重なった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング