乙武洋匡氏

写真拡大

6日、作家の乙武洋匡氏が自身のTwitter上で、障害者を笑いのネタにすることを不謹慎と捉える風潮にに違和感を示した。

同日に開催された「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)では、「2人ともハゲ」がトレードマークのトレンディエンジェルが優勝した。トレンディエンジェルの斎藤司は漫才冒頭、自分の頭頂部を指さしながら「めっちゃハゲで〜す」と言うなど、薄毛ネタで笑いを取っていた。

乙武はTwitterで、トレンディエンジェルの薄毛ネタを「不謹慎」だと言う人がいないことを指摘。その上で「デブやハゲはOKで、障害がNGなのはなぜか」「話芸の巧みな障害芸人なら素直に笑えるのか」と、障害者をネタにすることを「不謹慎」と捉える世の風潮に対し、問題提起をしていた。 【関連記事】
乙武洋匡氏が水木しげるさんの訃報で自虐発言「『何の妖怪?』と言われた」
乙武洋匡氏が立花隆氏の発言に対するNHKの対応を批判「差別を助長する」
乙武洋匡氏 政府が高齢者を優遇する理由を解説「答えは投票率が教えてくれる」