慌てず実行!【iPhone&Android】の賢い探し方
 いまや現代人の必携アイテムといっても過言ではないスマートフォン。電話やメールだけでなくLINEやFacebook、Twitterなどコミュニケーションツールとして手放せないユーユーザーも多いだろう。

 しかし、忘年会が続くこのシーズン、スマートフォンを紛失したり置き忘れてしまい、青ざめる……。そんなことも、当然、起こりうるだろう。そこで、知ってる方も多いとは思うが、改めて見つからなくなってしまったスマートフォンの効率的な探し方を紹介しよう。

iPhoneを探す場合は「iPhoneを探す」機能を活用

 iPhoneが見つからなくなってしまった場合は、iCloudに含まれる「iPhoneを探す」機能を活用してみよう。この機能は、iPhoneに搭載されるGPS機能を活用して位置情報を割り出し、その場所をマップ上に表示してくれるといったもの。誤差10m程度と非常に高精度に位置情報を割り出すことができるため、自宅にあるのか外出先で紛失してしまったかが一目瞭然だ。

 万が一、外出先で紛失してしまったことが分かった場合、待ち受け画面に紛失してしまった旨を表示させることができるほか、連絡先の電話番号を表示することもできる。飲食店など店舗で紛失してしまった場合などに活用すると戻ってくる可能性がぐっと高くなる。

 また、iPhoneを遠隔操作でパスワードロックできるほか、データをすべて消去することも可能。移動中の道端などに落としてしまった場合など、誰にみられるかわからない場合は、個人情報などの流出を抑えたい場合などに活用すると便利だ。

 この機能を利用するためには、本体設定から「iPhoneを探す」を有効にしておく必要がある。万が一の事態に備え、設定をチェックしておこう。

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=69911

「Phoneを探す」機能を有効にするには、本体の設定画面から「iCloud」を開き、「iPhoneを探す」をオンにする。

 iPhoneを探したい場合は、Webブラウザから「iCloud」にアクセスし、iPhone本体に登録しているものと同じAppleIDでサインインする。

 サインインが完了するとiCloudメニューが表示される。ここから「iPhoneを探す」をクリックする。

 iPhoneの位置情報が割り出され、マップ上に表示される。「サウンド再生」をクリックするとサウンドが再生されるので発見しやすい。

「紛失モード」をクリックすると待ち受け画面に表示させるメッセージと連絡先の電話番号が編集できる。

「iPhoneの消去」をクリックすると本体内のデータが消去できる。個人情報流出を食い止める最終手段として活用しよう。

Android端末は「Androidデバイスマネージャー」を活用する

 Android端末を利用している場合は、「Androidデバイスマネージャー」を利用することで位置情報を掴むことができる。この機能も「iPhoneを探す」と同様、Webブラウザからアクセスすることでスマートフォンの位置情報を自動的に割り出してマップ上に表示してくれる。サイレントモードなど設定に関わらず最大音量で着信音を鳴らすことができるため、自宅やオフィスでの置き忘れ時にも瞬時で発見することが可能だ。

 その他にも、パスワードによるロック、データの全消去なども行えるため、個人情報流出などの防止を目的に活用するとよいだろう。なお、この機能も利用するためには、本体設定からAndroidデバイスマネージャーによる位置情報の補足を許可しておく必要がある。この設定は端末によって方法が多少異なるが、「セキュリティ」内にある「機器管理機能」といったニュアンスのメニューから行うことができる。

⇒【画像】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=69917

 Androidデバイスマネージャーを有効にするには、スマホ本体の設定画面→「セキュリティ」→「機器管理画面(XperiaZ2の場合)」から「Androidデバイスマネージャー」を有効にしておく。