image
「副業で年間1千万円以上を稼いでいますが、主婦という軸足だけは動かしたくないのです」

そう語るのは、千葉県に住む主婦の上原ちづるさん(40)。全日空の元CAの上原さんは、小学生3人の子どもを抱える母親でもありながら、駅前や商店街などで見かけるコインパーキングで副収入をゲット。そんなノウハウを『コインパーキングで年1200万円儲ける方法』(ダイヤモンド社刊)にまとめている。

夫の稼ぎをメーンにし、1千万円超の副収入を稼いでいる上原さん。コインパーキングを運営するきっかけは、夫の失業だった。

「28歳で結婚し、3人目の子どもが生まれた直後に、夫が失業してしまったんです。乳のみ子を抱えながら無収入に。私のパート代だけでは家計を支えられず、そもそも子どもの預け先を探すにもひと苦労です。それならば、家にいながらできる副業はないかと探して、たどり着いたのがコインパーキングでした」

駐車場の経営は、土地を持っている人だけのものと思っていたが……。

「私も土地を購入しないといけないという先入観がありました。しかし、自宅近くの月決め駐車場に『貸地・相談可』という看板があり、確認してみると、空車リスクを抑えられることもあり、すべての駐車場の設定された料金を払えば契約も可能だったんです。その土地をレンタルして投資をしてみようと」

不動産投資といえば、アパートやマンション経営がまっさきに思い浮かぶが、彼女の場合にはひらめきがあった。

「投資を始めようとした’06年は、道路交通法が改正されて、民間委託による駐車禁止の取り締まりが始まった年。ちょうどそのころ、ママ友たちが『最近、あちこちで駐禁が切られるようになった』と嘆いていたんです。それならコインパーキングの需要が高まるのではと思ったんです」

高いハードルと思える不動産投資も主婦感覚で。そんな上原さんが、主婦業と両立できる「’16年儲かる副業」を教えてくれた。

【コインパーキング】年間収入見込み=380万円〜。初期投資など=商業地100坪で、年間地代360万円、保守管理費約43万円、電気代6万円の経費がかかる。

【コインランドリー】年間収入見込み=300万円〜。初期投資など=20坪でも、洗濯機や乾燥機などの機器類が1500万円、土地、建物の内外装費や工事費が1000万円かかる。

【貸し倉庫】年間収入見込み=230万円〜。初期投資など=貸しコンテナ型(1基50万円〜)、トランクルーム型、貸し倉庫型などある。初期投資は1000万円ほど。

【バイクボックス】年間収入見込み=150万円〜。初期投資など=バイクを止めるコンテナが1基およそ30万円の初期投資も。土地の賃料を考え利益を上げるには、台数が必要となる。

【Airbnb(エアビーアンドビー)】年間収入見込み=120万円〜。初期投資など=空いている部屋を、海外旅行者の宿泊所として提供。ホストになるためにはホームページに登録。

【コインロッカー】年間収入見込み=60万円〜。初期投資など=駅近で、人が多い場所が最適。土地レンタル代以外に初期費用20個のロッカーボックスと諸費用で250万円ほどかかる。

「最近、増えているコインランドリーや貸し倉庫、バイクボックス(車庫)、コインロッカーなどがあります。いずれも初期投資は高額ですが、コインランドリーならば、共働きが増えてまとめ洗いしたい人がいたり、布団や毛布など大型の洗濯物があったりするなど、さまざまなシーンで需要が見込まれるビジネスです。また最近は、バイクが盗まれたり、部品が取り外されたりする事件が急増しています。そのためしっかり管理してくれるバイクボックスを求めるオーナーも増えています。このように需要がありそうな理由をしっかり見極めることが大切です。貸し倉庫でも、立地がよければ、ほとんど手間がかからないで、素人の主婦だとしても年間230万円ほどの副収入も可能です」