清宮は、来年の春も甲子園に行けるのか? 多くの野球ファンが、そんな興味をもって「秋」に目を向けているのではないだろうか。しかし、激戦区の東京でセンバツ出場切符を得ることは至難の業だ。そこで、清宮が戦うことになるだろう東京地区のライバルたちを紹介したい。

<投手編>
 通常、秋の大会はどのチームも手探り。強豪校でもレギュラーが定まっていないポジションがあったり、一戦一戦勝ち上がりながらチームの戦い方を固めていくチームがほとんどだ。「打倒・早実」「打倒・清宮」などと、特定のチーム・選手に照準を合わせて臨んでいるチームはほとんどない。

 そんな中、秋季東京大会の優勝候補筆頭に挙がってくるのが、二松学舎大付だ。夏のレギュラー経験者7人が残っているのだが、なかでもエース左腕・大江竜聖(おおえ・りゅうせい/2年/172センチ74キロ/左投左打)の存在が大きい。

 1年夏、2年春とすでに2度の甲子園マウンドを経験しており、東京大会で投げる姿からは貫禄すら漂う。ストレートは最速140キロ台前半だが、数字以上の体感速度。横から見ていると、捕手のミットを突き破ってバックネットまで突き刺さりそうな威力を感じるボールだ。ストレートでもスライダーでも空振りが取れ、打者によっては突然クイックモーションを織り交ぜるなど、マウンドさばきも巧み。清宮は甲子園で好左腕・堀瑞輝(広島新庄2年)と対戦して2打数1安打1三振だったが、大江は同等以上の力を持っている。清宮にとって最大の難敵になりそうだ。

 右投手では、谷井怜央(やつい・れお/創価2年/176センチ72キロ/右投右打)が筆頭格だろう。

 今夏の西東京大会はシード校ながら初戦(3回戦)で明大明治に0対1で敗れており、その名は東京内でもさほど広くは知れ渡っていない。それでも、潜在能力の高さは東京屈指。キャッチボールの延長のような力感のないフォームから放たれるストレートは、ホームベース付近でも球威が死なない。フォークなど変化球でも三振が奪え、身体能力も高く、いずれはプロスカウトも注目する存在になりそうだ。今秋のブロック大会初戦では、早稲田実と同じ早稲田大学の系属校である早稲田高をノーヒット・ノーラン(7回参考記録)に抑え、幸先のいいスタートを切っている。

 また、すでに清宮と対戦した経験のある因縁の投手たちも再戦に向け腕を磨いている。小谷野楽夕(こやの・がくゆう/日大三2年/182センチ70キロ/右投右打)、柴田迅(しばた・じん/早大学院2年/173センチ63キロ/右投右打)も楽しみな好投手だ。

 小谷野は夏の西東京大会準決勝でリリーフ登板し、清宮を2打席2三振と完璧に封じている。特に2打席目は3球連続で空振りを奪っており、いいイメージが残っているはず。ストレートのスピード・球威は物足りないものの、独特なリズム感のモーションでタイミングが取りづらい。さらに清宮から空振りを奪った縦の変化球が生き物のように動いて落ちる。チーム自体、夏の雪辱に燃えているだけに、早稲田実にとってはやりにくい相手だろう。

 柴田は今春の東京都大会4回戦で入学直後の清宮と対戦し、変化球を一、二塁間に運ばれる安打を許している。だが、この試合の前に肩の筋肉を痛めるアクシデントがあり、言わば手負いの状態だった。本来の持ち味であるストレートのキレを取り戻せば、ユニフォームがそっくりな「WASEDA対決」も好勝負になりそう。ただ、早大学院は秋のブロック予選で激戦区に入っており、13日には今夏の西東京ベスト8の新興勢力・聖パウロ学園と対戦。勝ち上がったとしても、続く19日には共に実力校の法政大高と東京高の勝者と対戦しなければならない。

 そのほかにも、粗削りながら140キロ級の重い球質にプロスカウトも注目する竹井丈人(関東一2年/181センチ89キロ/右投右打)。今夏のふがいない敗戦(1対8帝京)から変化球の制球を磨いて速球が生きるようになった大型右腕・矢崎裕希(小山台2年/185センチ78キロ/右投右打)という存在も。清宮と同じ1年生では、城田真理人(国士舘1年/170センチ63キロ/右投右打)の小柄ながら度胸満点のピッチングに胸を打たれる。

<打者編>
 清宮と同じように一発を期待できる強打者では、坂倉将吾(日大三2年/176センチ72キロ/右投左打)の名前が真っ先に挙がる。本質的には高打率を残せる中距離打者だが、強打の日大三で2年生から4番に座り、ツボに来ればセンターからライトへ放り込む力がある。今夏の西東京大会準決勝・早稲田実戦では、3打席凡退に倒れて迎えた9回二死無走者の場面で、意地のライト前安打を放った。チームはそのまま敗れたが、簡単に終わらないところにしぶとさとプライドがのぞいた。秋以降も活躍が期待できる打者だ。

 右打者では、菅野岳史(聖パウロ学園/175センチ77キロ/右投右打)のパンチの効いた打撃が光る。今春の都大会では4試合で3本塁打、さらにサイクルヒットまで放ち、話題になった。前述したように、今秋のブロック予選では早大学院と当たるなど、激戦区を勝ち抜かなければならない。初戦の拝島戦では本塁打を放っているだけに、勢いそのままに勝負に臨みたい。

 今春のセンバツでU−18日本代表の勝俣翔貴に続く4番を打った伊藤壮汰(東海大菅生2年/177センチ73キロ/右投右打)も右の好打者。投手としても130キロ台半ばの速球がある。

 二松学舎大付には野手にも好選手がひしめく。特にゲームの中で存在感を見せるのが、三口英斗(みぐち・えいと/2年/162センチ61キロ/右投左打)だ。サイズの小ささをまったく感じさせない、体幹がよじれるほどのフルスイングができる。また、強打だけでなく、スキを見つければセーフティーバントや三盗を敢行するなど、相手に何かと考えさせる選手だ。エースの大江や強打の捕手・今村大輝(2年/171センチ78キロ/右投右打)とともに1年夏から甲子園を経験している。

 また、二松学舎大付の1年生外野手・市川睦(181センチ75キロ/左投左打)も注目。前さばきのうまいアベレージタイプと思いきや、今夏の大会前の練習試合では5試合連続本塁打を放ち、意外な長打力も秘める。さらに、今夏の公式戦の出番は代打での1打席に限られたが、遠藤聖生(えんどう・まさき/184センチ93キロ/右投右打)も楽しみな1年生スラッガー。静岡蒲原シニア時代からその長打力は知られており、いずれは東京で清宮と双璧をなす存在になるかもしれない。

 1年生の強打者といえば、今夏、名門・帝京の4番を任された岡心(おかざき・じん/173センチ73キロ/右投左打)も外せない。決してスラッガータイプではないが、積極的な打撃スタイルと泥臭いプレーぶりはチームに活力をもたらす。

 他にも、秋の大会を勝ち上がるにつれて自信をつけ、才能を花開かせる選手が現れるに違いない。

 最後に、清宮自身の秋についても考えてみたい。まず、最初に頭に浮かぶのは、「期待」よりも「不安」だ。

 清宮はこの夏、7月18日の夏の東京大会初戦から9月6日のU−18ベースボールワールドカップ決勝まで、ほとんど休む間もなく戦い続けた。そしてすぐさま、12日の秋季ブロック予選初戦(東農大一戦)を戦わなければならない。これは体力的に相当厳しいだろう。

 ただ肉体的な疲れだけでなく、メンタル的に息抜きができないのは酷だ。清宮は入学してからここまで、常に注目を浴び続けてきた。さらにU−18日本代表では、「日本の4番」という重圧も背負った。本人は口癖のように「期待やプレッシャーを力に変えたい」と言うが、誰もが想像できないほどの疲労やストレスが溜まっているに違いない。

 そして、チーム内での立場も、今までとは変わってくる。これまで清宮は、加藤雅樹ら3年生のフォローがあって、のびのびと実力を発揮することができていた。甲子園準決勝で敗戦後は、「生まれ変わってもう1回野球ができるなら、上級生とやりたい」とコメントしたほどだ。その後、ドラフト候補だらけのメンバーの中で日本代表として世界を戦い、高校生にとって、「これ以上ない」という最高レベルを体感した。

 その最高峰から、未完成な新チームに合流したとき、清宮の中に「物足りなさ」が生まれてもおかしくない。周囲を見渡して、「3年生ならできたのに......」と感じることが増えると、チームとしてもうまく機能しなくなる。これは清宮に限らず、下級生時に甲子園で活躍した選手が新チームで陥(おちい)りやすいことだ。

 肉体的な不安とメンタル的な不安。もちろん、この不安が杞憂(きゆう)に終わることを祈りたい。それ以上に、清宮幸太郎という国民的な知名度を得た存在と、それを打倒すべく立ち向かう選手たちの切磋琢磨が、より高校野球を盛り上げてくれることを願っている。

菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro