津軽の四季 子ネコたちの物語!渋谷ヒカリエで岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」開催

写真拡大

世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭さん。身近なネコの撮影も40年以上ライフワークにしていて、ネコ好き女子には、NHKBSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」などでもおなじみのはず。

2015年7月25日(土)から8月31日(金)まで、「渋谷ヒカリエ」9階の「ヒカリエホール ホールB」で開催される岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」。ここでは「津軽の四季、子ネコたちの物語」と題して、1年間にわたって取材を続けてきた美しい津軽の四季の中で遊ぶ子ネコたちの姿が、約160点の作品に納められている。

世界各国で撮影を続ける岩合さんは、私たち日本人の心の中にある「ふるさと」の風景に思いを馳せてきたとか。素朴で美しい自然に惹かれ、日本人の原風景を表現する土地として、青森県津軽地方の四季をテーマに選んだのだそう
「展示は四季をテーマに4つの章で構成しています。例えば、春はウメやサクラに続いて、リンゴや桃の花が満開になる中で生まれた5匹の子ネコの姿。夏は、まだ青いリンゴに寝転んで遊んだり、ねぶたや花火を見る様子。秋は真っ赤なリンゴを背景に、冬は雪の降る日に互いの体を温めあう姿など、まさにふるさとの暮らしに根付いたネコたちの姿が見られます」と、広報担当者さん。

5匹の子ネコが津軽の四季の中でのびのびと育つ姿は、私たちにどこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれるはず。


会期中に10回、岩合さんのギャラリートーク&サイン会も開催予定。今回の撮影秘話など、興味深い話が聞けるとか。なお、サイン会は、当日に写真集『ふるさとのねこ』(1600円)等の書籍を購入した人のみの特典だから、買う予定の人はこの機会に。

また、ご自慢の「ねこ写真」をチケットカウンターへ持っていくと、当日券が2割引になるサービスもあるそう。ネコ好き仲間と愛猫の写真を持って、かわいい「ふるさとのねこ」たちに会いに行こう。

(C)Mitsuaki Iwago