性善説なのに・・・

写真拡大

「高チャリ」というのだそうだ。群馬県高崎市が地域振興のために始めた無料のレンタサイクル・システムがおかしなことになっている。150台用意したのに140台が消えてしまった。市民が私物化しているのは明らかで、民度はそんな程度だったのかと市や多くの市民はガックリ。

私物化したり乗り捨て

見回りの管理者が「返ってませんね」という。午後10時をすぎて、レンタサイクルの駐輪スペースはがらんとしている。「きょうは10台ですね」。本来ずらりと並んでいるはずの残りの140台はない。レンタサイクルの利用時間は午前9時から午後10時まで。だれでも自由に乗れるし、指定の駐輪場に乗り捨てもできる。100円が必要だが、返却した時に戻ってくる。つまり無料だ。

時間より遅く返しにきた利用者に聞いてみると、「住宅街に落ちていた(放置されていた)んで」乗ってきたのだという。時間を守らないだけでなく、乗り捨て放ったらかしもある。マンションの駐輪場やひどいのは自宅の物置に入れてシャッターを閉めていたのもあったという。

驚いたのは早朝の駅前風景だ。カメラを据えて見張っていると、午前6時に白ワイシャツの男性がやってきた。駐輪場に戻して駅の方へ。さらにバックパックの男性が・・・と、次から次と乗ってくる。夜の間は自宅に置いていた。つまり、通勤に使っているわけだ。自分の自転車だと駐輪場を探さないといけないが、これなら乗り捨てである。専用に使えるというわけだ。利用時間の制限は無視。市民からは「使いたい時にないね」という声も起こる。

高崎市役所「観光など地域振興のために設置したのに・・・」

司会の羽鳥慎一「通勤に使ってというわけではないですよね」

小松靖アナ「地域振興のためです。駅の近くで使ってくださいと」

羽鳥「観光もできるし市民も使える。150台のうち10台しか返ってこないというのはひどすぎますよ」

吉永みち子(作家)「性善説に基づいたいいルールだと思いますよ。正しく使ったら高崎の誇りになるのに、こうなると恥ずかしいことになっちゃう。でも、ルールを変えたらいいかも。通勤にいちばん便利なところにあるんだもの」

羽鳥「駅前に自転車を置けちゃう」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「ルールや規制を厳しくしちゃったら、逆にクレームがくるかもしれない。モラルの問題だから、常識の範囲でやればいいんじゃないかな」

羽鳥「他にもこういうサービスはありますが、ここはうんと自由なのが裏目に出ちゃってる」

長嶋「海外でも、ルールなんかないけどちゃんとしてる」

羽鳥「観光地だとこういうことは起きないかもしれないですね」

吉永「微妙なところですよ、高崎というのが。それに恥の気持ちがないとね。『みんなのものなのに、なに乗ってんの?』というような」

目下は、パトロールと住民からの通報だけだが頼りだとか。