「誰かを救う記者に」震災の津波で母親を失った26歳女性の決意BLOGOS

「誰かを救う記者に」震災の津波で母親を失った26歳女性の決意

  • 震災の津波で母親を失った女子高生は26歳となった今、記者をしている
  • 取材を受ける立場として、マスコミに苦しんだ経験もあったそう
  • 報道を通じて人の命を救うことができる記者になることが目標だという

ランキング

x