■今後10年の間に自家用車の比率が激減するシェアリング・エコノミーと自動運転システムの普及によって、近い将来、自家用車をめぐる環境が激変すると予想されている。これまでクルマを所有することは、ある種のステイタス・シンボルだったが、こうした概念は消滅する可能性が高い。むしろ富裕層ほど真っ先にクルマを手放す社会がやってくるかもしれない。写真=iStock.com/metamorworks※写真はイメージです - 写真=iStock.com