「西武−オリックス」(13日、メットライフドーム)オリックスの四回の攻撃で2死満塁の場面で若月に死球。この日オリックスが受けた3個目の死球に若月がマウンド方向に詰め寄り、佐竹一塁コーチャーが森脇の胸を突き、両軍入り乱れた乱闘に発展した。原球審は「オリックスサイドの暴力行為がありました」と場内に説明。佐竹コーチを退場、両軍に警告試合を宣告した。この死球でオリックスが西武から受けた死球は17個