相模原の障害者殺傷 被告をめぐる書籍を出版した著者の思い

ざっくり言うと

  • 相模原障害者殺傷事件の被告をめぐる書籍を出版した筆者が思いを綴っている
  • 障害を持つ人はまだ恐怖に怯えているが、それ以外の人は忘れつつあると指摘
  • 事件の解明を進めないと、恐怖と風化はますます進むだろうと主張した

ランキング