Image: MacRumors

ワンチャン、タンスから出てこないかな。

最新のiPhone 14の登場が噂されている昨今ですが、ここにきて最古のiPhoneが注目されています。MacRumorsによると、初代iPhoneが、オークションにて35,000ドル(日本円にして約485万円)で落札されたとのこと。

…高級車買えちゃうじゃん!

とマジかよレベルのびっくり入札なんですが、高くなるのには理由があるようで…。

このiPhoneはパッケージのホーム画面にiTunes Storeのアプリが含まれていないことから、2007年6月の発売から、最初の数ヶ月で販売された初期ロットのひとつであること(9月にはiTunes Storeがアップデートで追加され、パッケージデザインも変更になったとのこと)。

そして、そんなiPhoneがパッケージフィルムが貼られたままの(おそらく)新品未開封で発掘された。というわけで、コレクター的にはたまらんですよ!なところかもしれませんね。

ハマグリだったらどんな顔をすればいいのだろうか…

ただ僕、ちょっと邪悪な予想をしてしまいまして…。

これ、パッケージ開けたらハマグリ(※)だったらどうしよう…。

…って。

(※)バッテリーが膨らんでパカッと空いている状態

いやいやいやいや、実際に箱を開けるまで、猫の生死はわかりませんしね! 現在はパッケージの中にiPhoneとハマグリが重なり合って存在しているわけですが。観測者が開封しないかぎりこの中にはiPhoneが入っている状態が維持されます。

そしておそらく、だれもこのフィルムを剥がさないでしょう。故に中に入っているのはiPhoneなのです。

Source: MacRumors