恋人や友達よりも、圧倒的に長い時間を共にしている職場の同僚。とはいえ、自身の素性すべてを明かしている人は少ないのでは? 今回はそんな、職場の同僚には秘密にしていることを調査してみました。

ギャンブルが好きなこと

「仕事帰りや暇な休日にパチンコに行っていることです。会社では清楚でおとなしいイメージを持たれている私。おそらく同僚達は、私は休みの日は読書やヨガでもやっているだろうと思っているでしょうけど、実はギャンブルが大好き。
別に借金をしているわけでもないし、お小遣いと決めた範囲で楽しんでいますが、ギャンブルをするというとイメージが悪いので、絶対に誰にもいいません」(29歳・Cさん)

▽ 人にいわないだけでギャンブルが好きな人って結構多いとは思いますけど、やはり悪いイメージを持たれる可能性はありますよね。

旅行をよくしていること

「今はコロナの影響であまりしていませんが、以前は週末にもなるとしょっちゅう旅行をしていました。近場から飛行機に乗る必要のある遠方まで、いろんなところに行っていたのですが、職場の人にお土産を買うのが嫌だったので完全に秘密。週末何をしていたか聞かれても、家でゴロゴロしていたと答えていましたね」(27歳・Eさん)

▽ 旅行をすると、必ずお土産を買わなければならないような職場ってありますよね。

以前結婚していたこと

「21歳のときに結婚して22歳で離婚したことをいっていません。今29歳なので、職場の人たちから『結婚の予定』について聞かれたりすることも多いのですが、笑ってごまかしています。もう結婚はこりごり……」(29歳・Nさん)

▽ 本当のことを話したら話したで、微妙な雰囲気になりそうですよね。

インフルエンサーであること

「顔出しはしていないけど、実は有名なインフルエンサーであることです。低収入でも貯蓄できた実体験を綴ったSNSのアカウントを持っていて、結構なフォロワー数がいます。
一度飲み会のときに同僚の女の子が私の運営しているアカウントを見せてきて、『この人すごいよね。いつも参考にしているんだ』といってきたときには、うれしくて『実はこれ、私なの!』といいたかったですが、我慢しました」(30歳・Eさん)

▽ 正体をバラさないほうが、生の声が聞けていいこともありますよね。

仕事は暇つぶしでしていること

「親が金持ちで、毎月仕送りももらっているので別に仕事はしなくてもいいんだけど、なにもやることがないので、仕事は暇つぶしでしていることですね。
特に趣味もないし、家にいてもつまらないので、会社で働きながら人間観察している感じです。出世とかに興味はないけどそれなりに仕事ができるので、同期よりも早く出世してしまい、ライバル視されていて面倒くさいです」(27歳・Fさん)

▽ お金のためではなくリラックスして働いていることで、一生懸命頑張って空回りしている人よりも仕事がサクサクこなせそうです。