「AIが人間を超える年」具体的に算出されていた…!何年後?

写真拡大

こんな人材が日本にも欲しかった。オードリー・タン。2020年に全世界を襲った新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾。その中心的な役割を担い、世界のメディアがいま、最も注目するデジタルテクノロジー界の異才が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIとイノベーション、そして日本へのメッセージを語る。本連載はオードリー・タン著『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

本当にAIの能力が人間の能力を上回るのか

AIは人類がどういう方向に進みたいのかを問いかけている

AIに関しては、「2045年にシンギュラリティ(Technological Singularity、技術的特異点)が到来し、AIの能力が人間の能力を上回る」という説が唱えられています。

ここで「シンギュラリティ」と呼ばれているものは、そもそも私たち人間がAIというものを開発しようとしたために生まれてきた考え方に他なりません。

以前も、「世界終末時計」とか「核戦争までのカウントダウン」というものがありました。「あと何年で核戦争が起こり、地球が滅びる」「地球は残っても人類の文明は滅びる」、さらには「気温が上昇すれば、今のような人類の文明は存在しなくなるし、生き続けるにはかなりの変化が必要だ」などと推測をする人たちもいました。

オードリー・タン 台湾デジタル担当政務委員(閣僚)

しかし、仮にそうなったとしても、おそらくそこで地球そのものがなくなることはないでしょう。核戦争や気候変動は、私たち人間の文明という、この一つの層を破壊するだけにすぎないからです。

こうした核戦争や気候変動と同じように、2045年のシンギュラリティに向けてのシナリオに言及するのは、「私たち人類はいずれ滅んでしまうから、明日のことは何もやらなくていい」などと言うことが目的ではないでしょう。重要なのは、放射能の拡散を防ぐために、あるいは二酸化炭素の排出量を減らすために、AIが存在する今の状況で、「いかにしてAIを活用するか」ということでしょう。

AIに人間の補佐をさせて、次世代によりよい環境を残す方策を考えることが大切なのです。つまり、AIは「人間をどの方向へ連れていくか」をコントロールするものではなく、「私たちがどの方向へ行きたいのか」をリマインド(再確認)するための存在なのです。

もちろん、「核戦争まであと何年」などといった警告がまったく意味をなさないとは思いません。現時点で核戦争は勃発していませんが、核兵器が実際に使われた過去の経験を人類は持っています。広島と長崎で使われた原子爆弾は、人々が目を覆いたくなるような惨状を生み出しました。広島にある平和記念資料館が常に世界に対して「二度と核兵器が使われてはならない」と訴え続けていることを私は知っています。

また、時には人間の故意ではなく、大震災などの天災によって原発が破損し放射能汚染が起きるというようなことがあり得るのです。もともと私たち人間は、核をコントロールできた場合の効用を知っています。ところが、放射能汚染を目の当たりにすると、核が人智を超えた結果をもたらし得ることをまざまざと実感するのです。こうした経験をもとに、私たちは謙虚、謙遜ということを学ぶのだと思います。

AIの存在が問いかける「人類の生きる道」とは

科学を理解したからといって、それで「物事のすべてを理解した」という傲慢さを持ってはいけないのです。さらに言えば、短期的な利益にとらわれて大きなリスクとなるような冒険をしてはならないのです。「次の世代にリスクを残すかどうか」を賭けの対象にして、わずかばかりの利益を得ようとするのは、あまりにも馬鹿げているように見えます。

オードリー・タン著『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)

原子力エネルギーの研究者たちは、原子炉で使用済みになった核廃棄物を発電用のエネルギーに転換し、ロスを少なくするための研究に非常に長い時間を費やしています。そうすれば、次世代の原発は、もしかしたら以前ほどの危険性はないのかもしれません。ただ、旧世代の原発が終了した後に生まれる核廃棄物を「いかにして適切な方法で処理して燃料にするか」という研究は、まだ完成に至っていません。

私は、「原子力が絶対に良い、あるいは絶対に悪い」と言っているわけではありません。ただ、人間が謙虚でありさえすれば、今後の原子力の発展は長期的視野に立った良い方向に向かうのではないかと思っています。それと同様に、科学技術や原子力のエンジニアは、社会にとってよりリスクの少ない方法を考えなければならないと思っています。これはAIによる2045年のシンギュラリティを考える際にも同じことが言えるでしょう。

AIが人間を超えることが良いか悪いかを問うこと、それは地球の温暖化によってあらゆる場所で山火事が起こり、海面が上昇して都市が水没し、地球上で現在のような生活方式では生きていけなくなったとすれば、それは良いことか悪いことかと聞くようなものです。

あるいは、核戦争が起きて大気圏全体が放射能で覆われて、ゴキブリ以外は生きていくことができなくなったとすれば、それが良いことか悪いことなのか、と聞くようなものです。つまり、現段階でそんな質問をされても、的確な価値判断はできないということです。

大切なのは、そういう仮定の話をする前に、「そうならないために何をするべきか」をじっくり考えることでしょう。シンギュラリティが私たちに示唆しているのは、もし私たちが今の生活様式を守り続けていきたいのであれば、現在、人間が発展させようとしている技術をこのまま開発し続けることはできないという事実です。

今のまま二酸化炭素の排出が続いたり、放射能汚染が蔓延・拡大したり、あるいはAI機器が人間に取って代わり社会をコントロールするようになれば、今の生活は間違いなく破壊されるでしょう。テクノロジーには、私たちの生活を前進させるだけでなく、私たちの未来に起こり得る危機を示唆し、気づかせてくれる役割もあります。それを人間は謙虚に受け止める必要があるでしょう。

「AIが人間を超えるような事態になったらどうなるか」などと考えるより、「人類はどの方向に進みたいのか、そのためには何が必要なのか」を議論するほうが先だと思うのです。

オードリー・タン
台湾デジタル担当政務委員(閣僚)