2020年9月、スタジオジブリが作品内の画像計400枚の無料提供を開始し、常識の範囲内で自由に使うことが可能となりました。これをきっかけに、ヤングアニマルで連載中の「変女 〜変な女子高生 甘栗千子〜」の公式チャットボットなどを作成したエンジニアのコノギヨシヲ(@yoshiwo_konogi)さんが、字幕付きのジブリ画像を簡単に作成・Twitterで投稿できる「ジブリ 字幕メーカー」を開発しました。

ジブリ 字幕メーカー

https://konogi-tools.com/ghibli/



「ジブリ 字幕メーカー」のトップページにアクセスすると、まずは字幕を入れたい画像の選択を求められます。画像の端にある矢印アイコンをクリックすると……



次の画像を見ることが可能です。



記事作成時点では「千と千尋の神隠し」「借りぐらしのアリエッティ」「風立ちぬ」「コクリコ坂から」「ゲド戦記」「崖の上のポニョ」「かぐや姫の物語」から、計12枚の画像が用意されていました。



字幕を付けたい画像をクリックして選択したら……



次は字幕を入力します。入力した字幕は上部の画像に反映されるので、仕上がりをチェックしながら作成することができます。



なお、字幕は1行にまとめる必要はなく、改行することも可能です。



字幕を入力したら「画像をツイートする」をクリック。



「作成した画像をツイートします」という確認画面が出るので、「ツイート」をクリックすると……



「ジブリ 字幕メーカー」とTwitterアカウントの連携を求められます。サードパーティのアプリに許可する権限の内容を確認したら「連携アプリを認証」をクリックします。



すると、連携したTwitterアカウントで作成した字幕付き画像を投稿することができました。ツイートには「ジブリ 字幕メーカー」のURLと、「#ジブリ字幕メーカー」のハッシュタグが付けられています。



「ジブリ 字幕メーカー」を使えば、用意されているジブリの画像を使って簡単に遊ぶことが可能です。



なお、公式ページには「※本字幕メーカーを使った、公序良俗に反する内容、誹謗中傷、名誉毀損、政治的または宗教的な投稿はお控えくださいますようお願い致します」と記されており、きわどい字幕を付けるのは避けるように警告されています。