シソンヌ長谷川、指原莉乃の影響力を見せつけられて…

写真拡大

お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍が、YouTube「はせがわちゃんねる」の登録者数が伸び悩んでいることから仲の良いタレントの指原莉乃に応援してもらおうと電話をかけた。もし登録者数の目標を達成したら指原が「はせがわちゃんねる」に出演するという約束を取り付けたが、その後ほどなくして想像を超えた指原の影響力を見せつけられることになった。

【この記事の他の写真を見る】

YouTube「はせがわちゃんねる」で9月22日にアップした動画『さっしーに出演依頼!約束とりつけました!』にて、シソンヌの長谷川忍が指原莉乃に電話して漫才のような応酬を繰り広げた。そんななか長谷川が粘り腰で「はせがわちゃんねる」の登録者数およそ「4500人」からその倍の「9000人」を目標として、もし達成したら指原が出演するという約束を取り付けた。

指原自身もTwitterで「登録者数が9000人いったら、ひらがな『はせがわちゃんねる』にちゃんと出ます」と明言しており、長谷川のYouTube動画には「指さんツイートから来たけど、二人のやりとりめっちゃおもろかったw てか長谷川さんが個人でYouTubeしてるのさえ知らんかった、イコラブもお世話になってるので登録しますわw」、「指原さんさすがだわ、声の出演だけで面白いわ。チャンネル登録しました。頑張ってください!!」などの反響があった。

振り返ってみると4月25日にYouTube「はせがわちゃんねる」を開設したシソンヌ長谷川が、9月7日にアップした動画『【決意表明】チャンネル登録お願いします』でマネージャーから「登録者数1万人いってないのは正直恥です」、「見え方もありますし、シソンヌという名前もあるんで」と愚痴られたことを明かしており、指摘された長谷川は年内に登録者数を「1万人」まで増やさなければまずいと尻に火が付いたようだ。

16日にアップした動画『フワちゃんにYouTubeの極意を教わる!シソンヌ長谷川です』のなかで、長谷川はフワちゃんに電話して「登録者数1万人でゲスト出演する」ことを約束。フワちゃんは「頑張ってね。おじさんの挑戦が一番泣けるから」、「高いところで会おうね」と激励した。

テレビで見かけない日がないほど大人気のフワちゃんが「はせがわちゃんねる」に電話出演してさえ登録者数は急に増えなかったのに、9月22日に長谷川が指原に電話するところを撮った『さっしーに出演依頼!約束とりつけました!』をアップしたところ、およそ4500人だった登録者数が急増し始めたのである。23日には早くも「9000人」を達成しさらに25日午前11時時点ですでに1万人を超えていた。飛ぶ鳥を落とす勢いのフワちゃんさえ圧倒する指原莉乃の影響力を見せつけた形だ。

事態を知ったシソンヌ長谷川は23日夜、急きょYouTubeで『感謝を伝えるために生配信させてください!』をライブ配信して「思いとはまったく違った流れで、あっという間に一日もかからないうちに目標を達成しまして…」と視聴者に礼を述べつつ「みくびってました指原さんの力を。まだ切るべきカードではなかったんじゃないのかも」と複雑な胸のうちを明かした。指原莉乃の破壊力をもっと有効に活用すべきだったと後悔したのかもしれない。

長谷川によると「9000人」及び「1万人」の目標を達成したので、指原莉乃とフワちゃんが約束どおり「はせがわちゃんねる」に出演する予定で、しかも登録者数が「3万人」を達成したら改めて指原莉乃とフワちゃんを呼んでバーベキューをする構想を練っているというから期待が高まる。

ちなみに指原莉乃がまだHKT48メンバーだった頃の冠番組『指原の乱』(2013年10〜2014年3月)にシソンヌが度々出演したことから長谷川忍と顔見知りになり、長谷川の奥さんも含めて家族ぐるみで交流する間柄だ。

またフワちゃんは、2019年4月23日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に指原莉乃の「イチオシ芸人」として出演したことをきっかけにブレイクした。2人はプライベートでもよく食事に行くほど仲が良く、長谷川忍とは共通の友人でもある。

画像2、3枚目は『シソンヌ長谷川忍 2017年8月25日付Instagram「昨夜ヤングフランケンシュタインの観劇へ。」、2020年8月13日付Instagram「いつかの、ご勘弁娘」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)