マスク着用拒否、刑事や民事で責任を問われる恐れも 弁護士が言及

ざっくり言うと

  • マスク着用を拒否した乗客が、旅客機から降ろされる事態が相次いでいる
  • 遅延などが生じた場合は、刑事や民事で責任を問われる恐れもあるという
  • 航空機の場合、賠償額は数千万円規模に及んでもおかしくないと弁護士

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x