「働かざる者食うべからず」政府が休業補償を渋る歴史的背景

ざっくり言うと

  • 政府が休業補償に消極的な理由は、歴史的背景にあるとデイリー新潮が報じた
  • 江戸時代には「タダで助けてもらう」ことへの忌避感が社会にあったという
  • 補償制度導入には、社会の新たな役割を与えることを条件とすべきではと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x