3月に入って以来、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府の要請を受けて全国の大半の学校が休校している。このため、本来なら行なわれるはずだった卒業式がとりやめとなったり、実施した学校でもたいていは出席者を制限し、時間も短縮するなど変則的な形で行なわれた。卒業式では定番の「蛍の光」も時間短縮、また飛沫感染を避けるため斉唱をとりやめた学校が少なくなかったようだ。

【写真】「蛍の光」をアレンジした“名作曲家”古関裕而などこの記事の写真を見る(全7枚)

「蛍の光」は明治時代に卒業の歌として生まれて以来、大正・昭和・平成と歌い継がれてきた。それが令和改元後、初めての卒業シーズンを迎えた今春はこのような事態となり、あまり歌われなかった。ひょっとすると、この百数十年のあいだでも、太平洋戦争中に次いで、「蛍の光」がもっとも歌われなかった春だったのかもしれない。


「蛍の光」の原曲「Auld Lang Syne」はスコットランドで生まれた ©iStock.com

なぜスコットランド民謡が日本で“別れの曲”になった?

「蛍の光」の原曲は、スコットランド民謡「オールド・ラング・サイン(Auld lang syne)」である。しかし、スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズ(1759〜96)による原曲の歌詞には別れの意味はない。「懐かしく思い起こされる昔」という意味の題名どおり、懐かしい昔を偲んで、旧友どうしで酒を酌み交わそうという歌なのだ。イギリスやアメリカでは大晦日のカウントダウンのときに歌う曲として特別視されている。

 それが日本ではどうして別れの曲となったのかといえば、当初より卒業の際に歌うものとして採用され、日本語の歌詞もこの目的に沿ってつけられたからだ。日本における学校音楽教育の創始者である伊澤修二(1851〜1917)は、1883年に行なった演説のなかで、前年に発表されたばかりの「蛍の光」について、「学生等が数年間勤学し、蛍雪の功をつみ、業成り事遂げて学校を去るにあたり別れを同窓の友に告げ、将来国家のために協心戮力(きょうしんりくりょく)せんことを誓う有様を述べたるものにて卒業の時に歌うべき歌なり」と述べている。伊澤はまた、原曲はスコットランド民謡で「告別の際、自他の健康を祝する」の意だとも説明していた(※1)。この曲が卒業歌に選ばれたのは、どうやら伊澤の誤解も多分にあるようだ。

 伊澤は1879年、文部省所属の音楽教育機関として設立された音楽取調掛(現・東京藝術大学音楽学部)の掛長に就任すると、さっそく日本初の音楽教科書『小学唱歌集 初編』(1881〜82年)の編纂にあたった。「蛍の光」はこの教科書に収録された唱歌のひとつで(当初の表題は「蛍」)、作詞を稲垣千頴(ちかい/1847〜1913)という国文学者が手がけた。稲垣はこのころ東京師範学校(現・筑波大学)で和文・国史の教諭を務める一方、同校の校長でもあった伊澤に請われて音楽取調掛の一員となり、『小学唱歌集 初編』所収のいくつかの曲に歌詞をつけている(※2)。「蛍の光」の1番の歌詞「いつしか年も すぎの戸を」の「すぎ」は、「過ぎ」と「杉」の掛詞になっているのが、歌人でもあった稲垣ならではといえる。

「蛍の光」は世に出てまもない1882年2月、東京師範学校附属小学校の卒業式で歌われて以降、学校の儀式歌として徐々に広まっていった。1882年7月に行なわれた東京女子師範学校の卒業式に臨席したアメリカ人動物学者のエドワード・モースは、式で歌われた「我々(西洋由来)の唱歌」の一つとして「オールド・ラング・サイン」があったと記録している(※3)。

 ただ、この時代はまだ卒業式という行事自体が、一部の学校のみで行われていたにすぎず、未発達の状態だった。そもそも当時、大学や師範学校などに通う学生の卒業式は、西洋にならって7月に行なわれていた(※1)。

全国の学校で歌われるようになった“きっかけ”

 同時期の小学校では1年がたいてい前期・後期に分けられ、児童は学期末ごとに厳しい試験を受け、合格した者のみが進級・卒業できるという課程主義がとられていた。このため卒業証書も、全課程修了時ではなく、3カ月から半年間の一課程修了ごとに授与されることが多かった(※2)。現在のように、同一学齢の児童が1年を通して同じ学級で学ぶという年限主義システムへと移行したのは、もう少しあとの1885年のことである。これにより卒業式は必然的に年1回のみとなった。1892年には、学年のスタートが従来の9月から現行の4月へと変更、卒業式も3月の行事として定着していく(※1)。

 この間、1884年には東京師範学校の小学師範科第3級前学期の唱歌の定時試業問題として「蛍の光」独唱が課せられるなど、師範学校・女子師範学校、また音楽取調掛ではこの曲を歌唱できる学生が次々と生み出された。学生たちは卒業後は全国の学校に教師として赴任、目新しい卒業式という行事とともにこの歌を普及させていった(※2)。

じつは「4番」まであった「蛍の光」――その内容とは?

 ところで、「蛍の光」で現在歌われているのは2番までだが、当初は4番まであった。 

 その歌詞は、3番が「筑紫のきわみ みちのおく/海山とおく へだつとも/その真心は へだてなく/ひとつに尽くせ 国のため」、4番が「千島のおくも 沖縄も/八洲(やしま)のうちの 守りなり/至らんくにに いさおしく/つとめよわがせ つゝがなく」というものであった。ちょうどこの歌詞が書かれる直前、1875年には樺太・千島交換条約によって千島列島が日本領と画定され、1879年には琉球藩が沖縄県として日本政府に編入されていた。「蛍の光」は別れの歌であるとともに、国のために尽くし、我が国土を守らねばならないと、愛国心を喚起する歌でもあったのだ。その後、日清戦争、日露戦争を経て領土が拡大するごとに、4番の出だしの歌詞は「千島のはても台湾も」、さらには「台湾のはても樺太も」と改変されている。

 愛国歌でもあった「蛍の光」だが、皮肉なことに、太平洋戦争中の1943年、内閣情報局が決定した敵性楽曲1000曲のなかには原曲の「オールド・ラング・サイン」も含まれ、演奏が禁じられる。「蛍の光」は指定されなかったとはいえ、これにより実質的に演奏ができなくなってしまった(※2)。

 敗戦後、「蛍の光」は3〜4番を削って音楽教科書に復活する。意外なことに、教科書で必ずとりあげなければならない学習指導要領の共通教材にはこれまで一度もなったことがないにもかかわらず、卒業式の儀式歌として歌い継がれてきた。

閉店BGMの“仕掛け人”は朝ドラ『エール』の主人公

「蛍の光」が別れの歌として日本人の頭に刷り込まれているのは、卒業式のせいだけではなく、店舗や施設が閉まる際に流されることが多いからでもある。じつは全国の閉店放送の定番となっているこの曲には、「蛍の光」ではなく「別れのワルツ」というタイトルがつけられている。

 戦後まもない1949年に日本で公開されたアメリカ映画『哀愁』では、ダンスシーンで「オールド・ラング・サイン」が使われ、人々に強い印象を与えた。当時、同曲のレコードは輸入されていなかったため、コロムビアレコードでは、採譜・アレンジしたうえでレコードを発売した。「オールド・ラング・サイン」および「蛍の光」は本来、三拍子系だが、このレコード化にあたって日本人の好む四拍子系の曲調へとアレンジされた。これが「別れのワルツ」と題され、閉店放送の曲として広まったのである。このアレンジを手がけたのは、作曲家の古関裕而(1909〜89)である(※4)。古関といえば、きのう(3月30日)から始まったNHKの連続テレビ小説『エール』で窪田正孝が演じる主人公のモデルだ。古関は昭和の戦前・戦中・戦後を通して多くのヒット曲を生み出し、大学の応援歌やプロ野球の球団歌などいまなお愛唱されているものも少なくない。人々の心をつかむ類いまれな才能は、「蛍の光」のアレンジでも発揮されたのである。

 ちなみに古関裕而は福島市の出身だが、「蛍の光」の作詞者・稲垣千頴も同じく福島県中通りに位置する現在の棚倉町の出身である。

※1 有本真紀『卒業式の歴史学』(講談社選書メチエ、2013年)
※2 中西光雄『「蛍の光」と稲垣千頴 国民的唱歌と作詞者の数奇な運命』(ぎょうせい、2012年)
※3 エドワード・モース『日本その日その日 第3巻』(東洋文庫、1971年)
※4 刑部芳則『古関裕而 流行作曲家と激動の昭和』(中公新書、2019年)

(近藤 正高)