9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の橋から、神戸市教育委員会総務課の男性職員(39)が飛び降りた。

 男性は約25メートル下の地面に落ち、搬送先の病院で死亡が確認された。県警は自殺とみて調べている。

 県警によると、同日午前4時10分ごろ、男性の妻から「夫が家に手紙を残していなくなった」と110番通報があった。芦屋署員が橋を歩いていた男性を見つけ、声をかけたところ、男性は突然走り出して歩道脇の壁を乗り越えたという。

 市教委関係者によると、男性は昨年4月から同課で係長として勤務。市の教育委員らが集まって教育施策や教職員の処分などを議論したり決定したりする市教委会議の運営を担当していた。昨年10月に発覚した市立東須磨小学校での教員間暴力・暴言問題では、対応策を話し合うため臨時に開かれた会議の準備や日程調整などにあたり、外部からの苦情や意見にも対応していたという。今月7日までは通常通り出勤していたとしている。