2020年バレンタインの予算平均は?“健康美容系チョコ”にうっとり
 2月14日(金)は言わずと知れたバレンタインデー。あげる相手がいてもいなくても、チョコ食べた〜い!と気分が上がっちゃいますね。

◆チョコ予算は総額4923円、夫・恋人・自分には2000円台

 (株)明治が15歳〜74歳の男女12,739人(首都圏・中京圏・関西圏在住)に調査(※)したところ、「2020年のバレンタインにチョコをあげる予定がある」と答えた人は37.6%。3人に1人はバレンタインにチョコをあげる予定というわけですね。

 また、あげる予定と答えた人のうち女性1173人に予算を聞くと、2020年のバレンタインチョコの平均予算は総額4923円。昨年の調査に比べて221円増えています。
 4923円も!?と思ったらこれはあくまで「総額」。20代女性に「相手別予算」を聞くと、恋人=2686円、自分=2219円、配偶者=2062円、といったところです。

 全世代の女性に「チョコをあげる相手」を聞くと、’朸者62.6%、⊆分32.5%、B子29.4%、ど秧28.1、ソ友だち17.6%、職場関係17.1%、恋人15.6%の順。恋人が少ないのは、調査対象が15歳〜74歳と年齢が幅広いからでしょう。

 夫・家族・自分のためのチョコなら、美味しさだけでなく健康と美容も考えて選びたいですよね。
 最近、チョコに含まれる「カカオポリフェノール」や「カカオプロテイン」の健康効果が注目されており、今年のバレンタインでも健康志向を刺激するチョコがたくさん登場。いくつかご紹介しましょう。

◆「ジュリアン・デシュノ」砂糖をできるだけ減らしカカオを楽しむ

 ジュリアン・デシュノ氏が手がける、パリ郊外にあるショコラトリーから日本初上陸。同氏はアラン・デュカスの元トップショコラティエでもあります。
 砂糖はできる限り少なくし、アーモンド、ヘーゼルナッツを店舗で挽いてローストした、素材の味を活かしたプラリネが特徴です。
 ヘーゼルナッツがたっぷり入ったプラリネなどプラリネ3種9個入の「プラリネアソート」(3240円)と、カカオニブをミルクチョコレートとさつまいもパウダーでコーティングした「カカオニブドラジェ」(3024円)の2種類。(眦膕哀丱譽鵐織ぅ鵐ぅ戰鵐函屮▲燹璽襦Ε妊紂Ε轡腑灰蕁廚砲銅茲螳靴ぁ

◆「ショコラティエ パレ ド オール」の「スーパー Hi カカオ」

 ショコラティエ・三枝俊介による「ショコラティエ パレ ド オール」から、2020年1/17〜2/14限定で新作が登場。
 そのうち「スーパー Hi カカオ」(税抜 1850円)は、カカオ本来の風味を堪能できる4種類のボンボンショコラです。自家製の高カカオチョコレート+自家製カカオパウダーでカカオ濃度を上げ、フレーバーはプレーン・はちみつ・アーモンド・カカオニブの4種。
「パレ ド オール」各店(東京店、大阪店、清里店、青山店で発売されます。

◆「チャヤマクロビ」ヴィーガンでもOKな植物性100% 

 創業300年の「葉山 日影茶屋」から誕生した、オーガニックフードの「チャヤマクロビ」。「ヴィーガンバレンタインデー&ホワイトデー」をうたう限定商品が登場します。
 動物性食品を食べないヴィーガンでもOKな植物性100%で、白砂糖・乳製品・卵もゼロだそうですよ。
 1/29〜3/14に「チャヤマクロビ」各店舗やオンラインショップで発売。

◆「ル・ショコラ・アラン・デュカス」75%ショコラのフォンデュ

 お店で食べるチョコにもバレンタイン限定メニューが登場。「ル・サロン」東京工房と六本木限定の「フォンデュ・ショコラ グラス・ヴァニーユ」は、イチゴとシュークリームを濃厚なチョコレートディップにフォンデュして頂きます。もはや天国…。バレンタインシーズン限定で、75%のショコラをソースに使用するそうです。