9日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』AbemaTV)が放送され、竹山が田代まさし氏が逮捕された件について触れた。

 覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで宮城県警に逮捕された田代氏。竹山は自身の単独ライブ『放送禁止』で薬物をテーマにしたライブを作った際、田代氏から薬物依存症リハビリ施設「ダルク」を紹介され、取材をしたこともあるという。

 そうした経緯もあることから、竹山は「なんでやっちゃったかな」と、残念そうにコメント。「(依存症の人たちは薬物を)日々やりたいわけですよ。それをいかに我慢し続けるか。依存症って病気ですから、それが大変」「それだけ怖いもの」と力説した。

 ここで竹山は「冷静に考えてみ?」と切り出すと、覚せい剤に関する犯罪の再犯率が高いことを解説して「それを考えると、のりピーすごくね?」と、かつて覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けた酒井法子の名前を挙げた。

 酒井が現在まで再犯をしていないことを評価した竹山は、「もうちょっと、やめている人を『偉い』っていう風に考えを変えたほうがいい」と提案した。

 複数の薬物依存者に取材をして、薬物を「やめ続ける」ことの難しさをよく知っている竹山は「あんなに恐ろしい、絶対にやりたくなるような薬をずっとやってない人は、すごいんじゃないかと思う」と語った。

 さらに、日米のプロ野球へ挑戦する公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」で監督に起用された清原和博や、現在は薬物の危険性を講演で訴える活動をしている高知東生の名前を挙げ、彼らを評価すべきだとコメント。「そういう考えでいると、薬物をやる人も少なくなってくるような気持ちになるんですけど、どうですかね?」と、視聴者に訴えかけていた。