お手頃プライスで高クオリティ、長く着られるシンプルな洋服が揃う無印良品。ここでは秋冬シーズンに取り入れるのにぴったりなアイテムを中心に、大人のおしゃれコーデの作り方についてご紹介します。

写真拡大 (全7枚)

人気の無印良品アイテムで作る、大人なおしゃれコーデ

お手頃プライスで高クオリティ、長く着られるシンプルな洋服が揃う無印良品。ここでずっと売れ続けている定番アイテムでは、特にその傾向が顕著だと思います。

時代や人を選ばない万能な服、もちろんそれ自体すごいことなのですが、大人向けに作られたアイテムではないので、「普通」に着てしまうと「普通」……下手すると地味な人になってしまう危険も。

アラフォー世代が着るなら、ポイントをしっかり押さえて大人っぽくコーデするのがおすすめです。特に秋冬は、豊富なダークカラーの色展開を上手に活用してほしいところ。

ここでは無印良品の人気アイテムを使った、大人のおしゃれコーデの作り方について、ご紹介します。

高品質でつい着たくなる無印良品のカットソー


無印良品の大定番アイテムといえば、Tシャツやカットソーですよね。特にボーダーカットソーは肌触りも抜群でガンガン洗ってもヘタレないのに、一枚990円というプチプラさで、常に売れているアイテムです。

ただ、ボーダーは誰もが持っているのと、横に膨張して見えることもある柄です。大人の女性が着るなら、白&ネイビーのボーダーにジーンズの定番コーデより、もう少しモノトーン寄りで辛口にまとめて。すっきり、スマートに見える効果もあります。

ボーダーは秋冬アウターのアクセントにもなるので、インナーにもおすすめです。

▼コットンメインののカットソーに
もう10月ですが、日中はまだ暑い時もありますよね。朝晩で気温に差がある時などにおすすめなのが、トップスをコットンメインのカットソーにしておくこと。

秋冬らしいダークカラーを選べば、長袖なので季節感のずれも感じず、汗ばむ陽気でも汗を吸ってくれて着心地も◎。寒ければアウターで調節すればOKなので、この時期とっても使えます。

ボトムスや小物をきちんとしたものにすれば、トップスがコットンメインのカットソーでもラフに見えてしまうことはないので、きれいめにまとめたい時やお仕事にもぴったり。

無印良品では黒、紺はもちろん、チャコールグレーやカーキ、モカブラウンやグレイッシュブラウンなど、ダークカラーのトーンが幅広いのも買いなポイント。大人向けのカットソーにぴったりです。

▼タンクトップも使いやすい
ニットやカーディガンなど、秋ならではのアイテムを着たいけど、ちょうどいいインナーがない!と困った時でも、無印良品では着心地のよいタンクトップやTシャツが通年手に入るので重宝します。

タンクトップは面積が小さい分、型崩れしやすいですが、無印良品のものは比較的丈夫で、長持ちするのも一押しポイントです。

ロングシャツの前を開けてパンツと合わせて


Tシャツやカットソーも大人気ですが、シャツやブラウス類も忘れずにチェックしたいアイテム。クルーネックやロング丈など、シーズンごとにいろんなデザインが出ており、実は種類が豊富。

素材は無印良品らしく、こだわりを感じるものが多いですし、ユニクロやGUほど、人とかぶる心配が少ないのもポイントです。

ただ、サイズ感はゆったりめ。ほっこりしすぎないようにモノトーンでまとめたり、着こなしを工夫すると新鮮に着こなせます。

今季トレンドのオーバーサイズを活かして、写真のようにロングシャツの下のほうだけボタンを開けて、パンツが少し見える着こなしもおすすめ。簡単なアレンジですが、新鮮な印象で着られます。

無印良品のスニーカーやバッグも根強い人気!


無印良品のスニーカーは、どんなテイストの人も履きやすいシンプルなデザインが可愛いと人気! SNSにもよく載っているアイテムです。

なかでも一番人気なのは、写真のコーデでも使われている「疲れにくい 撥水スニーカー」というタイプ。ローテクで合わせやすい上に撥水加工もされていて、お値段は2990円。立体的なインソールが付いていて、ぺたんこすぎず履きやすいのも人気の理由です。

▼持っておきたいプチプラサコッシュ
無印良品のサコッシュは990円というプチプラさ。シンプルで薄型、ユニセックスで使えるデザインで、バッグ自体もとても軽いのが特徴。スマホやお財布など、身の回りのものを入れて持ち運びやすいと話題です。

特に屋外で過ごす日など、リュックは大きすぎるし、ショルダーバッグは大きくて目立ってしまう……という時に、コーデにスポーティーなアクセントを足してくれつつ、カジュアルになりすぎないのが嬉しい! 2個持ちやインバッグに使う方も多く、ひとつ持っておくと重宝するバッグです。

大人も取り入れやすい無印良品コーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!
(文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド))