井端弘和「イバらの道の野球論」(7)

 5年ぶりのリーグ優勝を目指す巨人にとって、前半戦はこれ以上ない結果だった。交流戦も勝ち越して17もの貯金を作り首位を独走。早期にマジック点灯もあると思われていたが……。オールスター明けに急失速し、反対に調子を上げてきたDeNA、広島と首位を争う形になった。

 巨人で通算13シーズン目の指揮を執る原辰徳監督は、積極的に起用する選手を入れ替えるなど状況の打開を図っている。主力選手にケガ人も出る苦しい状況の中、これまでリーグ優勝7回、日本一3回を達成した指揮官の手腕に期待を寄せるファンも多いだろう。

 2013年に中日から巨人に移籍し、2014年のリーグ優勝に貢献するなど原監督の下で2シーズンをプレーした井端弘和は、現在の巨人、原采配をどう見ているのか。


5年ぶりのV奪還を目指す巨人の原監督

──井端さんは現役時代、巨人に移籍してからの2年間(2014年、2015年)を原監督の下でプレーされましたが、どのような指揮官でしたか?

「普段は話しかけてくれることも多かったですし、すごく優しい方なんですけど、試合が始まった瞬間から人が変わります。”勝負の鬼”になるとでも言うんですかね。目の前の場面だけでなく、すごく先のことまで考えているように感じました。試合前のミーティングでは、細かい戦術よりも、心の持ちようなどを簡潔に話していたと記憶しています」

──今シーズンの采配についてはいかがですか? 

「『この時期までは、こうする』という意図が明確で、メリハリのある采配をしている印象がありますね。たとえばオールスター前までは、打たせていい場面でもバントをさせてみたり、一方で負けている試合では送りバントをしなかったり。オールスター後は厳しい戦いが続いていますが、より”勝負へのこだわり”が強くなっていると思います。シーズン後半は個人の成績があまり上下しないので、チームの勝ちを優先する姿勢が見えますし、選手たちもそれを理解してプレーしているはずです」

──7月には、主砲の岡本和真選手にバントをさせる場面もありましたね。

「そうですね。かといって、『後半戦は、チャンスの場面では絶対にバント』と決めているわけではありません。7月23日のヤクルト戦のサヨナラのチャンス(9回裏ノーアウト1、2塁)でもそうでした。代打で長打が少ない重信(慎之介)が出てきたので、バントで『犠牲フライでも1点』という場面を作るかと思いきや、強行させて重信がレフトオーバーのヒットを放ち、サヨナラ勝ちを収めましたよね。

 これは私の予想ですが、バントで1アウト2、3塁にした後に満塁策を取られることが頭にあったんじゃないでしょうか。クリーンナップの打者はそういう場面に慣れていますが、重信は6番の陽岱鋼の代打でしたから、その後に控える下位打線にはよりプレッシャーがかかる。それならば、足が速くダブルプレーのリスクが低い重信には、打たせるほうがサヨナラの確率が高いと判断したんじゃないかと。そのほかの要素や監督としての経験を総合的に考え、1球1球で作戦を変えられる発想力と決断力が、原監督の強みだと思います」

──原監督は、打順を積極的に入れ替える印象がありますが、それについてどう思いますか?

「手遅れになる前に策を講じているんだと思います。亀井(善行)の打順を上げたり下げたりしながら、空いたところに若手の選手や外国人選手を入れてみるなど試行錯誤していますよね。今は負けが多くなっていますが、ここからまた盛り返すための最適な形を探る考えもあるでしょうね」

──2番に坂本勇人選手のような強打者を置くことについては?

「2番に攻撃型の打者を入れられるのは、チームに絶対的な4番打者がいてこそ。筒香(嘉智)や宮崎(敏郎)などが2番を打つことがあるDeNAには(ホセ・)ロペスが、大田(泰示)が2番を打つ日本ハムには中田(翔)がいるからこそ成立する戦術です。巨人は岡本の調子が上がらず、坂本が4番を任される試合が多くなっていますが、やはり2番・坂本、3番・丸(佳浩)、4番・岡本の並びのほうがいいと判断して、元の打順に戻したんでしょう」

──井端さんは、現役時代に2番バッターとして活躍されていましたが、打席ではどんなことを意識していたのですか?

「僕が中日の2番で起用され始めた時は、得点圏打率が5割を超えていた時期もあった立浪(和義)さんや、首位打者を争う福留(孝介/現阪神)が3番に控えていたので、『進塁打などでランナーを進めれば、2回に1回は点を取ってくれる』と思って打席に立っていました。”お膳立て”ができるようになってから、自分の打率を上げるために『ヒットを打つスキルを磨こう』と考えるようになりましたね」

──井端さんといえば、”芸術的な右打ち”を思い出すファンも多いと思います。

「僕が右方向に打つ時には、『ファーストは守っていない』ぐらいの気持ちで打っていました。イメージとしては(セカンド側の)ファーストの”ちょっと横”を抜けていく打球です。とくにランナーが一塁にいる場合、ファーストはけん制に備えてベースについていないといけないですからね。ファースト寄りに打とうという意識があると、ズレてもファールになることがあって仕切り直すことができますし、同時に投手の球数を増やすことにもなります。仮にゴロになっても、セカンドに捕られるよりはダブルプレーになる確率が低くなりますから。

 ただ、場面やカウントによって、『このコース、この球種だけは引っ張ろう』と意識して打席に立つこともありました。そうしてレフト方向にヒットが出ると、相手バッテリーに『右方向だけじゃない』と思わせることができ、右方向に打ちやすいボールを投げさせることにもつながります」

──現在のプロ野球で、井端さんと同じようなタイプの2番打者を挙げるなら?

「広島の菊池(涼介)ですかね。彼は長打もありますが、バントはもちろん右方向へのバッティングもうまい。『2番にはそういった打者を置くべき』ということではなく、先ほども言ったように4番がしっかりしていれば強打者を置くのも有効です。相手投手に初回から長打を警戒させることができ、チャンスに回ってくる機会も増えるわけですから」

──巨人の場合、これからも2番で坂本選手を起用し続けると考えた時に、さらに講じるべき策などはありますか?

「すでに原監督も試していますが、坂本からをクリーンナップに見立て、下位の打順に山本(泰寛)や重信(慎之介)のような足が使える選手を起用するのはひとつの手だと思います。そこでチャンスが作れれば、坂本、丸で得点できる場面が多くなるでしょうし、4番の岡本も『残ったランナーを還す』という少し楽な気持ちで打席に入る機会も増えるんじゃないかと思います」

──そのほか、シーズン終盤に向けてのキーマンになりそうなのは?

「終盤戦はとくに”総力戦”になるので、ベンチに入った選手全員がキーマンです。ここにきて山口(俊)と炭谷(銀仁朗)が離脱したのはかなり痛いですが、2位に圧倒的な大差をつけて前半戦を折り返せたということは、それだけの”地力”があるということ。そんな選手たちの奮起と、シーズン佳境の負けられない戦いを何度も経験してきた原監督の采配に注目しています」