6月13日(現地時間6月12日)、ラスベガス(アメリカ、ネヴァダ州)にて行われているポーカー世界選手権(World Series Of Poker=WSOP)にて、日本から出場した池内一樹さんが準優勝した。賞金は83万ドル(約9010万円)。


写真中央の白いパーカーを着ているプレーヤーが池内一樹さん

 今年のWSOPでは合計89のイベントが開催される予定で、池内さんが参加したのはそのうちの一つ、「ミリオネア・メーカー(イベント#19)」。種目は、現在もっとも人気があるノーリミット・ホールデムだ。参加費1500ドル(約16万円)のトーナメントに8809人が出場していた。

 WSOPの優勝者には、賞金に加えて記念品のブレスレットが贈られる。日本人3人目のブレスレット・ホルダーになる夢は惜しくも叶わなかったものの、日本人過去最高額となる賞金を獲得した。巨大なフィールドで快進撃を果たし、まだ興奮冷めやらぬ池内さんに話を聞いた。

今年は「嬉しい」が9割です

――準優勝おめでとうございます。まず一夜明けての率直なお気持ちをお聞かせください。

池内 うっすらとした幸福感、高揚感が続いています。自分の力が通用したという手応えを感じ、次の挑戦に向けてワクワクする気持ちです。

――池内さんは、昨年もWSOPのチームイベントで2位の成績を収めています。2年連続のファイナルテーブル(決勝卓)進出、そしてヘッズアップ(最後に優勝者を決める1対1の対戦)となりました。今回は「嬉しい」と「悔しい」の比率としては、どんな具合でしょうか。

池内 去年の準優勝の時は悔しさ、がっかりした気持ちが9割でした。少人数になった時の戦い方がまだ未熟で、優勝者にそこを突かれてしまったからです。

 今年は「嬉しい」が9割です。去年の悔しさを糧に、少人数戦を戦う準備をしてきました。細かいミスはあるものの、全体としては良いプレイができたので悔しさはあまりないです!

妻に「今年のWSOPはどうする?」と聞かれて……

――ポーカー大会は他にいくつもありますが、池内さんにとってWSOPは何が特別なのでしょうか。

池内 実は5年前、軽い鬱にかかったことがありました。漫画も、映画も、お笑い番組も、子どもと遊ぶのも、そしてポーカーも、人生において楽しいと感じることが何もなくなっちゃったんです。病院に行ったらうつ状態と診断されました。

 そんな時、妻に「今年のWSOPはどうする?」と聞かれたんです。僕は「行っても行かなくても……どっちでもいいかな」と答えました。何に対してもまったく楽しさを感じない僕が、WSOPにだけは飛行機を乗り継ぎ、片道17時間かけて行く価値を感じていることに気づきました。

『HUNTER×HUNTER』という漫画で、強力な王が死を待つ時間に望んだのは、好敵手とゲームで戦うこと。そして「そうか 余はこの瞬間のために生まれてきたのだ……!」と気付くシーンがあります。僕も自分にとってWSOPは本当に特別なものだと気付いたんです。ちなみに鬱は薬飲んだら1ヶ月で治りました。普通にウキウキでWSOPに乗り込みました(笑)。

美女がクッションでバフバフ叩いてくれるサービス

――では、ブレスレットの価値とはどんなところにあるのでしょう。

池内 また漫画のたとえで恐縮ですが、ブレスレットは『ONE PIECE』における「ひとつなぎの大秘宝」みたいなものかなと。その価値は明確ではありませんが、それを追い求める過程に凄い価値があると思っています。

 個性的な仲間達と出会い、切磋琢磨し、海の外に旅立ち、強敵と戦い、王座を目指す。ポーカーのおかげで僕の人生はエキサイティングなものになりました。

――初めてWSOPイベントに参加したときのことを教えてください。

池内 僕が初めて参加したのは2006年。クリス・マネーメーカーという無名のアマチュアプレーヤーが86ドルの予選から勝ち上がって、WSOPのメインイベントで優勝する「アメリカン・ドリーム」を成し遂げた後で、全米がポーカーブームに沸いていた時期ですね。

 現在はポーカーテーブルが置いてある大ホール(パビリオン)にて、ポーカー関連企業の展示会みたいなイベントをやってました。オンラインポーカーの運営会社がやってるブースもあったんですけど、そこに大きなベッドが置いてあって、ランジェリー姿の美女が2人座ってるんですね。真ん中に座ると、両脇から美女がクッションでバフバフ叩いてくれて、写真に撮ってくれる。そういうクレイジーなサービスがありました。壁にはオンラインポーカーのロゴが貼ってあって、要は宣伝なんですけど。「アメリカ人ってセンスがブッ飛んでるな!」とド肝を抜かれました(笑)。

早く始めて文字通り一日の長があった

――池内さんがポーカーを始められたころは、まだ日本のポーカープレーヤーはほとんどいなかった時期だと思います。ポーカーをプレーするようになったきっかけ、上達方法について教えてください。

池内 きっかけは友人の一人がポーカーを始めて、「これ面白いよ!」って仲間内で広まった感じです。ポーカーブームの始まりの頃で、誰もが手探り状態でした。当時はポーカーの教材みたいなものはほとんどなかったんです。なので、ちょっと気の利く人とか、ポーカー歴がほんの何ヶ月長い人が強いみたいな感じで。

 僕の場合、早く始めて文字通り一日の長があったので勝てる、楽しい、続ける、経験値さらに上がる、勝てる、というサイクルで実戦を積んで上達しました。

 じゃあ、これから始める人はキャリアの長い人を追い越せないのかというと、まったくそんなことはなくて。今は教材も充実してるので僕が7年くらいかかって気づいたことが、ポーカー本を読めば30分で得られたりします(笑)。ポーカーAIと対戦して勉強したり、昔と違って最初から比較的正しい知識を習得できるので、おじさんよりもむしろ若い人の方が強い傾向がありますね。

――池内さんは『フィル・ゴードンのポーカー攻略法』の監修をしたり、「ひゃっほう掲示板」を運営したりと、これまで日本のポーカープレーヤーを育成する立場から貢献されてきました。一方では、一人のプレーヤーとしても結果を出したいという思いも強かったのでしょうか。

池内 もちろんです。単純に好きなゲームで競い合って勝ちたい、という欲求はありますし、直接的な収入にもなりますしね。面白い経験が増える、っていうおまけもあります!

 例えば、ポーカー愛好家として知られているGACKTさんの番組に呼んでいただいたり、ポーカー関係の方とは最初から打ち解けやすかったり、普通に暮らしてたら知り合えないような凄い方々に親しくしていただいています。ツイッターでレスや「いいね」をたくさんもらえて、承認欲求が満たされたり(笑)。

解説のプロにも褒められたビッグブラフ

――ファイナルテーブルを含めてご自身のプレーを振り返って、印象に残っているシーンはありますか。

池内 やはりチップ量が一番手の時に、二番手に対してビッグブラフを仕掛けたハンドですね! 解説のプロにも褒めていただいて嬉しかったです。

――ビッグブラフを繰り出して相手が考えている間は、どんな心境でしたか。

池内 ノータイムで受けられたら、こちらがかなり不利なサインです。それがなくてまずは良かったなと。 次にマネープレッシャーに日和らず良いプレイができたなと思いました。

 ですが、相手が降りるか受けるかで数千万円の期待値差が出る人生最大のブラフ。やはり少し緊張しました。それを悟られまいと水を飲んだりして何となく余裕感を出したりしてました(笑)。

――最後、10のカードが落ちて逆転したときはかなり冷静そうな様子でした。

池内 良いプレイができたならば、結果はどちらに転んでも仕方ないと思っていました。落ちた瞬間は「よしっ」という感じで。目の前に敗退した相手もいますし、まだ勝負は続くので平常心でいることを心がけました。それでも興奮してしまって、チップをかき集める手は少し震えてた気がします。

最高のコンディションと心地良い緊張感

――逆に後悔しているようなプレイはありますか。

池内 チップセットの色に慣れておらず、相手のチップ量を正しく把握するのが難しくて。それに起因する、細かいミスはありました。ですが、おおむね自分にできるベストなプレイができたので後悔はありません。それができるよう、変な遠慮をせずにゆっくり時間を使って慎重にアクションを選択しました。

――残り6人となった最終日は、暫定1位のチップリーダーとして迎えました。5日間に及ぶトーナメントでしたが、疲れや緊張はありませんでしたか。

池内 それほどありませんでした。WSOPで日本人初優勝した木原さんから、「ずっとチップリーダーだったので、興奮して優勝が決まるまでの数日間全然寝られなかった」と聞いてました。なので念のため睡眠薬を用意してました。それを飲んで4時間程ですがぐっすり眠れました。なければ眠れてなかったかもしれません。

 お陰でファイナルは最高のコンディションと心地良い緊張感の中、集中してプレイできました。

――ファイナルテーブルでは、観戦に来ていた木原さんからのアドバイスもあったそうですね。具体的には、どんな内容だったのでしょうか。

池内 残り6人の状態で、僕の2つ右のプレーヤーはレイズ率が高く、リレイズされたらすぐ降りるので積極的にリレイズを狙う。右隣はプリフロップはコールしすぎだけど、ボードが開いてからのプレイは意外とタフなので、そことはぶつかるのを避ける。左の3人はすぐ降りるので積極的にスチールする。

 チップ量は僕を含めた上位2名が多く、その他4人は下のほうで横並び。順位が一つ繰り上がるごとに賞金は1000万円ぐらい上がるという状況なので、横並びの4人は早飛びするリスクを避けて消極的なプレイになるだろう。この状況を利用してプレッシャーをかけ、チップを増やそう、みたいな感じです。

 木原さんはテーブルにいる僕よりも的確にプレーヤーをプロファイリングできていて、「流石だな」と思いました。

賞金9000万円の使い道は……

――奥様からは、今回の結果を受けてどんな言葉がありましたか。

池内 「良かったね」と。ファイナル進出が決まった時にたまたま、僕も知ってる近所のママ友と一緒にいたらしく、その3人で「なんか凄いことになってる!」と盛り上がったらしいです(笑)。それで妻もママ友も次の日は現地でゲームが再開する朝5時に起きて、「今どうなってる!?」ってネットの情報で成り行きを見守ってくれてたらしいです。

――差し支えなければ、賞金の使い道について教えてください。

池内 まず税金に約2000万円ですね(笑)。妻にもいくらか渡して。父親には「半分あげる!」って言ったんですが、辞退されました。

 僕は贅沢品も買わないし、食事も服も変わらないです。丁度、投資の勉強を始めようと思っていたところなので、将来的には投資の軍資金になるかもしれません。

 使わずに貯金しておくと、今後ポーカーでめちゃめちゃ不運な下振れがあった時でも「クソっ! ツイてなさ過ぎる! でも待てよ? 俺あの時、超上振れて9000万円勝ったしな……」と思えるのでお得な気がしてます(笑)。

――今後の目標について教えてください。

池内 やはり特別な大会WSOPの中でも特別なイベント、メインイベントでの優勝です!

◆ ◆ ◆

メインイベントの優勝賞金は10億円近い

 WSOPのフィナーレを飾るのが、合計89あるイベントの中でも権威のあるメインイベント。参加費1万ドル(約109万円)を支払い、世界中から腕に覚えがあるポーカープレーヤーが参戦する。昨年は7874人が集まり、優勝者は880万ドル(約9億5500万円)を獲得した。

 日本でもポーカー人口は年々増加しており、WSOPに参戦するプレーヤーも増えている。しかし、日本人では、いまだメインイベントの決勝卓(ベスト9)までたどり着いたプレーヤーは存在しない。果たしてそこでどんなドラマが生まれるのか――。

 世界最高の座をかけた今年のメインイベントは、7月3日に幕を開ける。

(「文春オンライン」編集部)