将棋羽生善治九段(48)が5月23日、王位戦挑戦者決定リーグ白組の最終5回戦で、谷川浩司九段(57)に94手で勝利した。この勝利によって羽生九段は通算勝利数が、大山康晴十五世名人が持つ1433勝と並び、史上1位タイとなった。次回の対局は5月30日、竜王戦1組出場者決定戦で、相手は木村一基九段(45)。

 羽生九段は1985年12月18日に四段昇段し、史上3人目の中学生棋士としてプロデビュー。以降、圧倒的な速度で白星を積み重ね、タイトルの「七冠独占」、さらに「永世七冠」などの大記録を達成。1433勝の達成は、大山十五世名人が2215局を要したのに対し、羽生九段は2025局と190局も早かった。本局を終えての通算成績は、2025局で1433勝590敗2持将棋、勝率は.708。

 この日の勝利で羽生九段は、王位戦挑戦者決定リーグ白組のプレーオフが決定。永瀬拓矢叡王、中村太地七段の結果待ちとなり、最大で3人のプレーオフになる。この場合は永瀬−中村戦の勝者が、羽生九段と戦う。

 羽生九段は30日の午前10時から、竜王戦本戦の出場をかけて木村九段と対戦。勝利すれば史上最多1434勝という、新たな金字塔を打ち立てることになる。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

 羽生九段のコメント 「(本局は)ずっと悪いかなと思って指していました。(記録達成は)今年に入ってから、1つそれを目標にしてやっていこうと思っていたので。大山先生は偉大な先生なんで、ちょっとでも近づけていけるように頑張ってきたなと思っています。(タイトル100期に向けて)またタイトル戦の舞台に立てるように頑張っていきたいと思います。(勝利数新記録は)気負わずにいつもどおり指せたらいいなと思っています」

◆歴代勝利数上位5人

大山康晴十五世名人 2215局 1433勝780敗 2持将棋 勝率.648
羽生善治九段 2025局 1433勝590敗 2持将棋 勝率.708
加藤一二三九段 2505局 1324勝1324敗 1持将棋 勝率.529
谷川浩司九段 2166局 1317勝846敗 3持将棋 勝率.609
中原誠十六世名人 2093局 1308勝782敗 3持将棋 勝率.626

(C)AbemaTV
 ▶【振り返り中】羽生善治九段、史上最多タイ1433勝! 第60期 王位戦 挑戦者決定リーグ白組 最終戦 谷川浩司九段 対 羽生善治九段
▶羽生善治九段、史上最多1434勝なるか
第32期 竜王戦1組 出場者決定戦 羽生善治九段 対 木村一基九段