<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

2019年5月21日、BoseがAmazon Alexa対応のスマートスピーカーとサウンドバーについてGoogele Assistantの追加対応を発表した。これはSONOSのAlexa・Google Assistant両対応に次いでの発表だ。
対象機種はBose Home Speaker 500、Bose Soundbar 500、Bose Soundbar 700、そしてこの夏後半に発売される予定のBose Home Speaker 300の4機種。

・Bose Home Speaker 300(サイズ:6インチ×5.6インチ×4インチ、価格:260ドル)
・Bose Home Speaker 500(サイズ:8インチ×6インチ×4インチ、価格:400ドル/50,760円)
・Bose Soundbar 500(サイズ:31インチ、価格:550ドル/71,280円)
・Bose Soundbar 700(サイズ:38インチ、価格:800ドル/103,680円)

すでにこれらの機種を所有している場合は、ソフトウェアアップデートにより、Google Assistantを簡単にセットアップできる。また、これらの機種をこれから買う場合は、セットアップ時に音声アシスタントをAmazon AlexaかGoogle Assistantかを選択することができる。
今後、SONOSとBOSE以外にも、サードパーティー製スマートスピーカーは好きなアシスタントを選べる時代になるのか注目したい。
Source:Google Blog(中橋 義博)