ローカルな話題を赤裸々に語るだけの掲示板のはずが

写真拡大

 ネット掲示板をきっかけとして起きた殺人ときくと、2007年に起きた「闇サイト殺人事件」のように、非合法な情報を交換するために存在した闇サイトで犯行グループは結成されたと考える。ところが、5月末に遺体が見つかり、6月に容疑者たちが逮捕された浜松看護師殺人事件では、ごく普通の地域密着型掲示板によって容疑者たちは結びついていた。ライターの森鷹久氏が、普通の掲示板経由で殺人事件が起きたことで広がる衝撃についてレポートする。

 * * *
 静岡県浜松市で、看護師の女性が連れ去られ、遺体で見つかった事件。20代と40代の男性2人が逮捕され、主犯格の男性は、その後、新潟県内で死亡が確認された。自殺とみられている。かつて世間を震撼させた「闇サイト殺人事件」が再び起きたか、と各マスコミが報じたが、事実が明らかになってくるにつれ、被疑者三人が犯行に至るまでの極めてカジュアルないきさつに、取材していた記者らは唖然とした。

「被疑者らは"地域密着型掲示板"と呼ばれるサイト上で接触をしていたようですが、いわゆる"闇サイト"ではなく、誰でも気軽に見たり投稿ができる掲示板でした。都道府県、市町村ごとに掲示板が分かれていて、書き込みは下劣なものが目立ちますが、まさかこんな卑劣な事件が起こるとは想像もしていませんでした」

 事件を取材した週刊誌記者がこう語るように、被疑者ら三人は「地域密着型掲示板」を接点として犯行に及んでいた。そこは、誰でもアクセスできる、開かれた"普通"の掲示板だ。ただしそこは、ネット掲示板で一番有名な「5ちゃんねる」のような、日本中、世界中の人が大きなニュースや世界的なネタに反応し書き込むものではない。

 きわめて限定された空間、例えば同じ市内や町内で起きたことをネタにするなど、仕組みとしては世界中から見られるネットの開かれた場所でありながら、耳目を引くトピックスはいずれもローカル色の濃さが際立っているのだ。まさに街角の掲示板、壁の落書き、といった様相だが、利用者は少なくない。口コミで"面白いサイトがある"と酒場や主婦の間でも話題になり、国内有数のアクセス数を誇るサイトでもある。

 ただし、あまりにローカル色が強いためか「××町に住む○○○は貞操観念が低い」「居酒屋××店の店員○ね」などといった、特定の人物を攻撃したり貶めることが目的の、ひどいスレッドや書き込みが目立つ。ネットは様々な人の知識や経験を集積した「集合知」を実現させやすく、それによって様々な利点があると言われてきた。ところが、簡単に人が集えるがゆえに、常識的には考えられないほど道徳意識が低い人々も参加してしまっていることでも、この「地域密着型掲示板」は知られていたという。

 また、類は友を呼ぶとでもいうべきなのか、悪口や誹謗中傷だけに限らない。主人不在の部屋がさらに汚れていくかのように、薬物の売買を匂わせたり、違法風俗店についての情報交換の書き込み、援助交際相手の募集、児童ポルノサイトの情報共有など、一応はだれでもアクセスできるパブリックスペースのはずなのに、ありとあらゆる違法行為、犯罪行為が行われていることをうかがわせる書き込みがゾロゾロ出てくるのだ。

「余りの程度の低さに、掲示板にアクセスしているのは地方に住む中高生とか、若者だけだと思っていました。ところが、よくよく見ていると違うんですね。町内会の嫌われ者の名前を実名で晒したり、特定の会社の社長や役員名を出した殺害予告があったり、薬物売買、売春……挙げればキリがない。一番よくないのは、サイト側がこうした書き込みを放置しているということ。通報があれば書き込みやスレッドを消してはいるのですが、削除すべき内容の分量に、現実の削除が追い付いていない」

 今回の事件における犯行グループ結成の呼びかけには、「簡単に稼ぎたい人、連絡ください」といった、実に気軽な言葉が投げかけられていたという。ちょっと変わったアルバイトと受け取ることもできなくはないが、そもそも、こんなところで高額報酬が約束されることそのものが不自然だ。最先端技術に興味があるような企業が運営していれば、AIによって書き込み内容を網羅して、自動的に削除や閲覧不可能などにする対応も考えられるが、残念ながら地域密着型掲示板の運営は、細やかな対応は後回しにしているようだ。

 さらに、この掲示板で目立つのは、全体的に発言するユーザーの「リテラシー」が低いことだ。いったんネット上に書き込んだ情報は、すぐさま転載されることも含めて二度と消し去ることができず、問題の書き込みが誰のものによるかは、捜査となればすぐに特定されるのが当たり前の時代だ。にもかかわらず、犯行予告や名誉棄損にあたる書き込みが毎日、毎時のように行われる。書き込む側のうかつさにあきれるばかりだが、その数があまりに多すぎて運営側の対応が追いつかず、結果として見過ごされている。そのため、警察関係者は、浜松の事件をきっかけに、これら掲示板の監視体制を強めなければならないと話す。

「犯罪行為を匂わせる書き込みがあまりにも多すぎます。今回のように違法な仕事の募集や薬物の売買を誘う書き込みが後を絶たない。実際に仕事をするに至ったのか、薬物の取引が行われたのかは追跡しないとわかりませんが、今後は書き込みをした時点でマークしていかないと悲惨な事件が起こる可能性があります。ツイッターやFacebookなど、多くの人に見られて誰かが通報する、といった仕組みがない地域密着型掲示板は、公の場にも関わらず、非常に見えづらい、闇の空間と言えます」

 かつて世間を震撼させた「闇サイト」は、ユーザーが特定の意図を持つか、興味を持ってアクセスしなければ決して目にすることはない場所にあった。しかし今回の事案にあっては、誰でも気軽に見られる開かれた掲示板上で、堂々と犯罪仲間が集められ、そして実際に事件が起きてしまったのだ。

 いま、件の掲示板を覗いてみると、事件後にも「高収入仕事あります!」「援助してくれる男性募集」「パチンコの打ち子日給2万保障」などといったあやしい内容の書き込みが、相変わらず多く投稿されている。このような書き込みに反応し、リアルに落ち合って犯行に至るケースが存在するとは思っていなかったが、現実は違うようだ。ネットでよくあるネタ、掲示板を見る人にウケることだけ狙った嘘だと誰もが思っていただろうから。こうした現実の存在を受け止め、面倒でも一つ一つにしっかり対処していくしかない。